search
とじる
トップ > アイドル > AKBのメンバーが続々と体調不良 彼女らが追い詰められてしまうワケとは

AKBのメンバーが続々と体調不良 彼女らが追い詰められてしまうワケとは

pic pic

岡田奈々

 AKB48のメンバーで、STU48キャプテンを兼任する岡田奈々が喉の不調が続いたため声帯結節の手術を受けたことを16日、グループの公式サイトで発表した。

 同サイトでは、「以前より喉の不調が続いたため、病院にて診察を受け、声帯結節と診断されました。先日無事に手術を終え、経過も順調ですが、現在経過観測のため療養をしております」と報告。

 術後の報告となった理由は、「本人の希望により、ファンの皆様方へご心配を掛けたくないという想いから、術後のご報告とさせていただきました」と説明。

 今後の活動について、「リハビリをしながら徐々に再開させていただきますので少しの間、活動に制限が出てしまいます」とした。

 岡田はファンに向け、「数日間声を出せなかったり、ライブ等の声を出すお仕事は当分の間出来ないのですが、身体は元気です!どうか御心配なさらずに…!」と回復ぶりをアピールした。

「責任感が強くプロ意識がひと一倍高い岡田だけに、ギリギリまで体の不調を訴えることができなかったのでは」(テレビ局関係者)

 48グループといえば、今年の総選挙で1位を獲得したSKE48の松井珠理奈は体調不良で療養中で、センターを務める予定だった9月発売のニューシングルへの不参加が決定。

 今月10日から3日間、千葉県の幕張メッセで握手会が行われたが、AKB48の柏木由紀、HKT48の指原莉乃と宮脇咲良ら出演予定だったメンバーが次々と体調不良によって握手会を中止していたのだ。

「先の先まで握手会のスケジュールがいっぱいのようです。ほかの仕事もあるので、特に人気メンバーはオーバーワークになってしまうでしょう。それに加え連日の猛暑。運営サイドはもう少しメンバーの体調に考慮した方が良さそうだ」(レコード会社関係者)

 48グループのメンバーたちにも“働き方改革”が必要なようだ。

関連記事


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ