search
とじる
トップ > レジャー > 「産駒良し、鞍上良し、厩舎良し」皐月賞 藤川京子の今日この頃

「産駒良し、鞍上良し、厩舎良し」皐月賞 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 確かに、サートゥルナーリアに隙が無いように思えます。唯一あるとすれば、好タイム実績が無いと言う事です。しかし、ニシノデイジーに先着して勝っていると言う事は、やはり強いという事が窺えます。前走の弥生賞で、ニシノデイジーが力を出し切っているのか、そうでないかは微妙ですが、もし出し切っていたとなると、ダノンキングリーがサートゥルナーリアより内から迫って行くかもしれません。

 この2頭は、他の馬に置き換えて仮定して広く見ても、決着がついていません。しかも、ダノンキングリーには好タイム実績があります。現状の力比べを見れば、この2頭頭の何れかが勝つと思います。単純に考えれば、アドマイヤマーズを加えてこの3頭で決まりそうですが、3歳戦ですから成長が著しい時期です。他も短期間で成長している可能性が高く、伏兵が恐いレースでもあります。

 現に、過去のレース結果を見ると、決着が付いていなく好タイム実績が無い人気馬が、馬券に絡まず大荒れした事もあります。しかも、東京が凄く強かった事で、中山の皐月賞に重ねられてしまうのが荒れた原因かもしれません。中山は全く別物と考えた方が良いと思うのです。
しかし、サートゥルナーリアとダノンキングリーは中山の実績があります。ある程度の安心感はあります。また、馬を置き換えて仮定しても、決着が付いていないのがサトノルークス。ホープフルSでサートゥルナーリア次いで2着だったアドマイヤジャスタに、前走のすみれSで勝っていますので怪しい雰囲気です。鞍上も中山が上手い印象があります。今のところ中山の実績が無いだけです。

 それと、弥生賞3着のブレイキングドーンに京都で勝った事があるクラージュゲリエ。京都コースは中山に近い存在だと思うのですが、前走の共同通信杯では離されていましたが3着です。でも、東京コースでの話です。中山は別物です。今のところは、マスコミ報道を見るとノーマークです。穴を開けるとしたらこの馬だと思います。

 どのラインで買うかで、馬券も様変わりすると思いますが、期待を込めて流したい気がします。サートゥルナーリアとダノンキングリーは、どちらかは馬券に絡むと思うので、ホープフルSと共同通信杯のラインで馬券を組み立てますが、近年はスプリングS組のラインが好成績を収めていますので、ついでに付け加えてみます。3連複で「1-4-12」が現在一番人気で1桁のオッズです。人気で決まってしまった場合は当ってもガミりますので、悪しからず。
3連複フォーメーション
1頭目4、12、
2頭目4、12、2、9
3頭目1、2、3、5、6、9、10、17

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ