search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 『オールナイトニッポンPremium』が10月よりスタート パーソナリティーが芸人だらけの理由

『オールナイトニッポンPremium』が10月よりスタート パーソナリティーが芸人だらけの理由

pic pic

ココリコ遠藤、田中

 昨年より「オールナイトニッポン」50周年の一環として放送されていた『オールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送 ※10月〜3月のプロ野球オフシーズン期間限定)が今年も引き続き放送されることがわかった。

 2017年は19時〜だったが、今年は18時よりスタート。時間帯も2時間半に拡大される。気になるパーソナリティーは、ココリコ、オリエンタルラジオ・中田敦彦、中川家、よゐこの4組。昨年は、気志團・綾小路翔や藤井フミヤ、鴻上尚史など様々な人物が担ったが、今回はすべての曜日でお笑い芸人が担当することに。18時スタートという時間もあってか、知名度抜群の面々がそろった。

 ネットでは、このラインアップについて「ヤバい。テンション上がる」「ニッポン放送やりますね」「楽しみ!」と上々の反応。レーティング(個人聴取率調査)も期待できそうだ。

 8月末から1週間行われた「お笑いラジオスターウィーク」では、深夜のレギュラー放送を取りやめてまでも、実力派芸人から若手までを投入し、“お笑いファン”の心を掴んだ。なぜ、近年ここまで芸人にフィーチャーするのだろうか?

 「オールナイトニッポンのチーフディレクターである石井玄氏が、お笑い好きであることも要因のひとつでしょう。彼は、三四郎やアルコ&ピースなど、さまざまな芸人とタッグを組んで人気番組に押し上げています。石井氏の“芸人愛”がキャスティングにも反映されたと考えられます」(エンタメライター)

 そして、もう1つ考えられるのがTBSラジオで、オールナイトニッポンと同じ時間帯(25〜27時)に放送している『JUNK』枠への対抗だ。JUNKでは、バナナマンや爆笑問題など、全パーソナリティーが芸人であり、長らく交代もない。俳優や歌手など、さまざまな人物がパーソナリティーとなり入れ替わりも激しいオールナイトニッポンとは、何かと比較されがち。芸人を投入することで、オールナイトニッポンの意思表示をしたような格好だ。

 と言っても、現在オールナイトニッポンでは、菅田将暉や星野源など、今をときめく俳優・歌手がパーソナリティーを務めていることから、彼らが卒業することはないだろう。何はともあれ、今回の新番組は、人気で結果も出していた芸人パーソナリティーを次々と切って行ったニッポン放送の“不信感”を拭うきっかけになるに違いない。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ