テレ朝にも捨てられる日が近い!? 水谷豊が映画コケまくりでピンチ

芸能ネタ 週刊実話 2015年06月25日 12時01分

 テレビ朝日が密かに頭を抱えているのが、人気ドラマシリーズ『相棒』などの主演俳優として知られる水谷豊(62)の人気凋落。テレビ界では「もはや数字を持っていないのでは?」との疑問の声が囁かれ始めているというのだ。

 水谷不人気説の第一の根拠が、回を重ねるごとに右肩下がりを続けている映画版『相棒』の興行成績。
 「映画版『相棒』第1作が44.4億円、第2作は31.8億円、そして昨年公開された3作目は20.1億円。『相棒』コンテンツのマンネリ感が出てきたため、視聴者から飽きられ始めているんです」(事情通)

 実は、水谷が主演しコケたのは映画『相棒』だけではない。テレ朝が異例のPR体制を敷き、GWを狙って公開された映画『王妃の館』も、見事に空振りに終わった。
 「製作費10億円で回収できたのはたった3億円。担当プロデューサーは更迭されるそうです。映画は、水谷のシナリオハンティングで決まった企画。ロケ地も水谷の希望を優先し、ヨーロッパが舞台になった。それがこの結果です。しかも、水谷主演の映画がコケるのは映画『愛しの座敷わらし』に続いて2度目。製作元のテレ朝にとっても大打撃です」(芸能関係者)

 しかし、本来なら主演話など二度と舞い込むわけがないのだが、こと水谷となれば話は違ってくるのだという。現在のテレ朝にとって水谷はいまだに“皇帝”として崇められているからだ。
 「テレ朝浮揚の最大の功労者だから切れない。一時は『相棒』で殉職してもらい卒業するといった極秘プランもあったんですが、なぜか当時の担当プロデューサーが更迭されてしまった。いまだにドラマ一本500万円〜、映画は一本2000万円の出演料を手にしています」(同)

 “皇帝”の限界は近い。

ピックアップ
新作の製作がかなり厳しいビートたけし

新作の製作がかなり厳しいビートたけし
2019年10月14日 23時00分 [芸能ニュース]

芸能ネタ新着記事

ジャニーズ結婚緩和でも喜べないアイドル界の悲しい現実
2019年10月14日 22時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る