search
とじる
トップ > 芸能ニュース > BTSの一連の騒動でとばっちり…“被害者”となってしまった企業と大学

BTSの一連の騒動でとばっちり…“被害者”となってしまった企業と大学

pic pic

画像はイメージです

 大手レンタルチェーン・TSUTAYAを運営する「株式会社TSUTAYA」が15日、公式サイトで、愛知県内の店舗アルバイトスタッフによる不適切なSNS投稿について謝罪した。

 事の発端は、メンバーが原爆投下の写真がプリントされたTシャツを過去に着用していたことなどによる一連の韓国の人気グループ「防弾少年団(BTS)」の騒動。

 同グループのファンのTSUTAYAの女性スタッフが自身のTwitterに、「私は今日TSUTAYAでバイト中に聞こえて来たよ。「韓国人の紅白取り消しになった男のアイドル、頭おかしい」って言ってること。許さないからな」と。さらに、「個人情報を取り扱う仕事上、名前から性癖まで暴露可能だ」と脅迫めいた書き込みをして炎上騒動になっていた。

 そのため、同社は15日、公式サイトに「店舗アルバイトスタッフによる不適切なSNS投稿に関するお詫び」と題して、「アルバイトスタッフのTwitter上での発言におきまして、大変不適切な表現がありましたことを、心より深くお詫び申し上げます」と謝罪を掲載した。

 ところが、騒動はこれだけにとどまらず。このスタッフのアカウントから名古屋市の椙山女学園大の学生と特定された模様。

 各メディアによると、同大学に対し、「午後3時半までに、ネット上で騒ぎになっている女子学生について、大学が公表しなければ校舎や周辺を爆破する」などと書かれた脅迫メールが届いたという。

 結局、学内や周辺で不審物は見つからなかったというが、同社も同大学もとんだとばっちりを受けてしまったのだ。
「今や“無法地帯”のネット上だけに、BTSのファンも一般ユーザーからたたかれてしまっている。とはいえ、まだまだ騒動が収束する気配はなし」(芸能記者)

 とりあえず、SNSへの不用意な書き込みを避ける以外にネットでの騒動拡大を食い止める方法はなさそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ