search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 『牙狼<GARO>』最新作に泉谷しげる、井上正大らが初出演

『牙狼<GARO>』最新作に泉谷しげる、井上正大らが初出演

 4日、今年でシリーズ開始から10周年を迎える「牙狼<GARO>」シリーズの新ドラマ制作発表会と、劇場版『牙狼 GARO GOLD STORM 翔』の完成披露試写会が都内で行われた。

 会場での挨拶には、主演の栗山航の他、南里美希、黒木桃子や、今回のシリーズが初出演となる泉谷しげる、井上正大、松野井雅が雨宮慶太監督と共に登壇した。

 4月からのテレビ放送に先駆け、3月28日から全国放映予定の『牙狼 GARO GOLD STORM 翔』から出演する泉谷は、劇中で謎のケバブ屋を演じた。しかし、そのことについて質問されると、まだ本編を見ていないと不満を漏らし、「監督、これ駄作なんじゃねえの? 今日も記者に紛れて試写を見ようとしたら断られたし、何か見せられない問題があるんじゃない?」と監督に毒を吐き、場内の笑いを誘った。

 さらに泉谷は共演者の黒木や南野を見て、「監督、巨乳好きだよね? 楽屋で揉んでんじゃねえの!?」と追求したが、監督は「気のせいですよ」と苦笑した。

 舞台挨拶の後半には、4月からのドラマシリーズより出演する井上、松野井が泉谷、黒木にかわり登壇。井上は新ドラマの悪役として登場するということで、役作りのために入念に染めたという銀髪に関して「銀髪って染めるの大変なんですよ、4日で金髪になっちゃうんで。頭皮がはがれてハゲないか心配」とコメント。松野井は真冬のロケにも関わらずスリット全開の衣装ということで、「出すとこを出して頑張っています」と意気込みを語った。(斎藤雅道)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ