search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 清水富美加に続き剛力彩芽も…あの人の相棒役、『家政夫のミタゾノの呪い』が話題

清水富美加に続き剛力彩芽も…あの人の相棒役、『家政夫のミタゾノの呪い』が話題

pic pic

剛力彩芽

 日々芸能界で騒がれている女優の剛力彩芽とファッション通販サイトZOZOTOWNを運営するスタートトゥディの前澤友作社長の交際騒動について、最近、以下のような呪いの都市伝説が囁かれているという。それは、『家政夫のミタゾノ』の呪いというものだという。

 『家政夫のミタゾノ』は、TOKIOの松岡昌宏が女装した派遣家政夫に扮し事件を解決していくコメディードラマで、第1シーズンは2016年10月より3か月にわたって放送された。当初はキワモノ扱いのドラマであったが、その破天荒すぎる内容が好評を呼び、2018年4月からは第2シーズンが放送されることとなった。

 ところが、第2シーズンが製作されるにあたり問題となったのが、第1シーズンで松岡演じる「三田園薫」の相棒役を演じていた清水富美加のキャスティングだった。

 清水は『ミタゾノ』の第1シーズンが終了した2か月後の2017年2月11日、芸能界引退を突然宣言し、レギュラー番組および撮影中だった映画作品を降板するなど大問題となり、同年5月には「千眼美子」として、幸福の科学が母体となっている事務所へ移籍。それ以来、「清水富美加」の存在は芸能界のタブー扱いとなっている。

 そこで、第2シーズンで松岡の二代目相棒としてキャスティングされたのが剛力だったのだが、その剛力も『ミタゾノ』が放送開始直後の2018年4月25日に交際が前澤氏との交際が発覚。以来、ラブラブぶりをSNSで見せびらかすような行動を連発し、「まるで洗脳されているようだ」「剛力はこのまま結婚引退してしまうのではないか」との予想が相次いでいる。

 そのため、芸能界では「『ミタゾノ』で松岡の相棒に選ばれた女優は必ずトラブルが発生する」という都市伝説が生まれてしまい、この先『ミタゾノ』の最新作を作るのは、かなり厳しいのではないかとの話が噴出している。

 深夜ドラマながら第2シーズンは平均視聴率6.73%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率を稼いだ『ミタゾノ』。テレ朝内部では早くも第3シーズン開始へのプロジェクトがスタートしているというが、キャスティングする女優には細心の注意を払って欲しいものだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ