search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 川越達也と福田彩乃に意外な接点が発覚! 「料理もモノマネに近い」

川越達也と福田彩乃に意外な接点が発覚! 「料理もモノマネに近い」

 人気の川越達也シェフとモノマネタレント・福田彩乃が27日、同日にリニューアルオープンした東京・豊島区のルミネ池袋8階レストランフロア「8F DINING COLLECTION」の中庭「イケレス・ガーデン」で開催された同フロアのオープニングイベントに登場し、試食会とトークショーを行った。

 この日は、“おいしいと楽しいが詰まった池袋の元気印的レストランフロア”として21店舗でリニューアルし、池袋西口をもっと楽しくするきっかけになることをめざすレストラン街の記念イベントとあって、出店レストランの特選メニュー5食の試食会が行われた。川越シェフは、おぼんDEごはんの「豚肉と春野菜のトマト油りん鶏ソース定食」が気に入った様子で「ほんと、毎日、食べたくなるような定食です」と絶賛。福田は、Amapolaの「贅沢! オマール海老とタラバ蟹のパエリア」の試食の際、「魚介みたい! 魚介、食べてるんですけど!」などとボケ(?)をかますも、いったんそのままの味付けで食べたあとにレモンをしぼって再び同メニューを口にすると、「レモンを入れたらぜんぜん違った。2つの味を楽しめる。めっちゃおいしい!」と舌鼓を打った。2人が試食した5食を含めた21店舗の限定特別メニューは、顧客投票によって人気メニューを決定する「イケレス総選挙」(同日から4月30日まで)に出馬し、抽選で川越シェフプロデュースのキッチングッズが100名に当たるうれしいプレゼントも。

 試食会では、福田のローラ・竹内結子・西野カナらのモノマネが飛び出して来場者の爆笑を誘い、トークでは、川越シェフが、イケレスに「僕は吉高ちゃんと来たいな!」とふると、すかさず福田が、十八番の吉高由里子のモノマネを披露した。

 しかし、トークが進むうちに、シェフとモノマネタレントという2人の間に、意外な接点が浮上した。福田が、モノマネのネタを作るきっかけは「あこがれ」であり、モノマネは「自分がこの人を好きと思わないとできません」と語ると、川越シェフの口から「料理もモノマネに近い」の言葉が。料理人も、あこがれのシェフへ尊敬の念を持ち、そのシェフのメニューをまねることにより、腕前が上達していくという。

 福田は、「今日、(イケレスの)5品を食べたのですが、それ以外にもまだまだおいしそうなメニューがたくさんあるので、みなさん是非、ご家族でも、お友だちとでも、それから、カップルでも、来て下さい」とメッセージを送った。(竹内みちまろ)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ