search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 背中にタトゥーの市井紗耶香、芸能人のタトゥー事情とは

背中にタトゥーの市井紗耶香、芸能人のタトゥー事情とは

 元モーニング娘。の市井紗耶香が11月20日放送の『もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)に出演し、タトゥーが映り話題となっている。番組では子どもを育てる市井の私生活に密着。その際、背中に彫られたタトゥーが映り込んだのだ。市井は背中のほかにもお腹や耳の裏などにタトゥーを入れているとブログで明かしている。

 現在は、ファッションのひとつとして認知されつつあるタトゥーであるが、一方で、アウトローなイメージもあり拒否反応が多いのも事実。だが、タトゥーを入れた芸能人は市井のほかにもいる。

「先ごろ、来年9月での活動引退を発表した、歌手の安室奈美恵は腕と手首にタトゥーを入れています。そこには、1999年に殺人事件で亡くなった母親への追悼の言葉と、息子の名前が記されています。これはある種の決意の現れでもあり、『格好いい』『リスペクトできる』といった声が多いですね」(芸能ライター)

 安室の場合、“アーティスト”としてタトゥーが肯定されているのだろう。その一方で、多くの人が目にするテレビメディアではタトゥーの扱いは厳しい。

「V6の森田剛は、タトゥーを入れているといわれていますが、いまだテレビでは披露されていません。所属のジャニーズ事務所は、タトゥーは禁止のため、注意を受けて消したとも言われていますね。2015年の『24時間テレビ:愛は地球を救う』(日本テレビ系)出演時には、番組名物の黄色いTシャツの下に、白色のサポーターを常に身に着けていたため、そこに『映ってはいけないものがあった?』と疑念を呼びました」(前出・同)

 個人の自由といえばそれまでだが、イメージ第一の芸能人にとって、タトゥーの是非をめぐる議論は絶えなさそうだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ