search
とじる
トップ > 芸能ニュース > “ティッシュ王子”から巨額のマネーを貢がれたのは誰?

“ティッシュ王子”から巨額のマネーを貢がれたのは誰?

 老舗製紙メーカー・大王製紙の井川意高前会長が連結子会社から総額100億円超を借り入れていた問題で、同社は28日、特別調査委員会の報告書と処分を発表。それによると、前会長は子会社社長らに電話で「明日までに○○億円を振り込むように」などと指示、一部に口止めもしていた。子会社側も無担保で融資に応じるなどしていて、借り入れていたのはなんと総額106億8000万円。そのうち47億円超を弁済したものの、今後、回収が滞れば、会社に損害が出る可能性もあるというのだ。

 「オーナー企業の創業家出身トップであるものの、取引先との関係改善や、家庭用ティッシュ『エリエール』などのブランド戦略などによって、同社の家庭紙事業を黒字転換させ経営手腕が評価されており、“ティッシュ王子”とも呼ばれていた。ところが、東大法学部在学中から父親の金を使って銀座のクラブで豪遊するなど金銭感覚が麻痺しており、今回それが一気に露呈してしまった」(社会部記者)

 前会長は借りた金をラスベガスのカジノや株取引に使ったとされているが、巨額の使途不明金の解明については調査に限界があるとして、調査委は前会長の刑事告訴に向けた手続きに入るというが、そこで注目されるのが親交があったとされる女性タレントたちだというのだ。

 「前会長はグラドル・AやBと飲み歩いたことを自慢していたというが、前会長と同じような金銭感覚の経営者たちが集まって派手に遊ぶようなパーティーがあり、そこに複数の女性タレントたちが出入りしていた。だから、AとBとはそこまで関係は深くないだろう」(週刊誌記者)

 そんな中、前会長との特別な関係がささやかれるタレントもいるという。
 「女優・Cには前会長がかなり熱をあげ、主に海外で億単位の金を貢いだと言われている。ラスベガスのカジノにも同伴しCも湯水のように金を使っていたと言われているが、今後、捜査の過程で徐々に明らかにされていくだろう」(同)

 果たして、散々おいしい思いをしていた女性タレントは誰だろうか。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ