search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 爆問太田「追い詰めなくても…」Aマッソ差別発言騒動に持論、過去の過激な言動を振り返る

爆問太田「追い詰めなくても…」Aマッソ差別発言騒動に持論、過去の過激な言動を振り返る

pic pic

爆笑問題・太田光

 10月1日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBS系)において、Aマッソが起こした大坂なおみ選手を揶揄する差別発言騒動に言及した。Aマッソは「大坂なおみに必要なものは漂白剤」と肌の色を巡る差別的なネタをイベントで発言し、問題となっていた。Aマッソが所属するワタナベエンターテインメントはもとより、イベント主催者が謝罪文を発表し、さらにAマッソ側が大坂サイドに謝罪した。

 これを受け、太田光は「漂白剤とか言っちゃダメだけど、それはないけど」と発言自体は否定しながら、「ずいぶん絞られたらしいよ。本当に反省して落ち込んでいるから、あまり追い詰めなくてもいいと思うよ」と話し、擁護の姿勢を見せた。そして、「失言はくれぐれも注意して欲しい」と話し、笑いを誘っていた。これには、数々の失言、暴言、毒舌で知られる太田だけに、相方の田中裕二から「お前が言うな」とツッコまれていた。太田は「(Aマッソは)解毒剤でうがいさせられた」とも話し、ウマくまとめていた。

 ただ、太田も時事ネタにからんだ毒舌芸で鳴らしただけに、「(ライブなどの)密閉した空間、ましてや経験もない状態の時に、うんとひどいことを言うっていうのは、魔が差すというか、人間として最低なことをいう。その自分の異常性を表現しちゃうことって、芸人はよくやっていた」と話した。太田は「特に田中なんかよくやっていた」とボケるも、実際はAマッソに同じく、トガリ芸キャラであった太田が自身を振り返ったものだろう。

 さらに、太田は「彼女たちに差別意識はないとわかってあげて欲しい。それを大騒ぎして本人まで届かせちゃうって、そういう人たちがいるわけじゃない。あんまりそういうこと言う必要はないかと」と話し、騒動がなんでも大きくなってしまうネット炎上社会を嘆いた。

 これには、ネット上では「太田的にはAマッソお気に入りだったんだろうな」「これは芸人の気持ちをわかっている人ならではの言葉だな」といった声が聞かれた。太田のエールを彼女たちも受け止めて欲しいところだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ