search
とじる
トップ > 芸能ニュース > タレントが使い分けるテレビ人格、ラジオ人格

タレントが使い分けるテレビ人格、ラジオ人格

 俗に芸能界では「ラジオは本音、テレビは建て前でいけ!」とよくいわれる。耳だけで番組を聴くラジオは、多少キツい毒を吐いておかないと、聴視者の印象には残らない。逆に、目から得た映像や耳から得た音声など、様々な情報から総合的に視聴者が判断できるテレビでは、建前でお茶を濁しておけというわけだ。これは、業界で昔から囁かれている世渡り教訓である。

 このように、テレビの人格とラジオの人格を使い分けているタレントも多い。例えば吉田照美は、テレビでは温厚なアナウンサーを演じているが、ラジオでは相方のアシスタントやスタッフをいじり倒す毒舌キャラになる。だが、吉田照美の毒舌の矛先はあくまで身内であり、芸としては害はない。
 逆に、ラジオで外部に毒を吐きまくるキャラクターもいる。伊集院光は、テレビではいい人オーラを発しているが、ラジオでは「えなりかずき」を徹底的に攻撃したり、小学生漫才の「まえだまえだ」をボロクソにけなしたりとやりたい放題であり、爆笑問題に「ラジオでは悪い奴だ!」とツッコまれている。また、小籔千豊はラジオではテレビ以上の毒舌キャラになり、芸人やアイドルにまで妥協なしの暴言を吐きまくり、関西を中心にその悪口芸がたいそうウケている。
 今後もラジオ人格とテレビ人格を使い分ける“したたか”なタレントが多数出てくるであろう。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ