search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 直接謝罪も拒否か 上沼側の早々の“終結宣言”でよしもと側は拍子抜け?

直接謝罪も拒否か 上沼側の早々の“終結宣言”でよしもと側は拍子抜け?

pic pic

とろサーモン・久保田かずのぶ

 2日に行われた「M−1グランプリ2018」終了後、とろサーモン・久保田かずのぶとスーパーマラドーナ・武智が、審査員を務めたタレントの上沼恵美子に対する暴言をSNS動画で配信した問題で10日、上沼側が突如騒動の終結を宣言したことを、各スポーツ紙が報じている。

 騒動勃発後、上沼が2人の発言に対して激怒していることを、一部スポーツ紙が報じた。

 その報道後の今月8日、大阪・読売テレビで、9日放送の「上沼・高田のクギズケ!」(日曜・午前11時40分)の収録を行った上沼。各スポーツ紙によると、収録時に上沼は、「いろいろ言われてますけど…」と自ら切り出し、「周りが騒いでいるほどではないのよ」と“怒っていた”という報道を否定。さらに、「2人に興味がないんです」と久保田と武智をバッサリ切って笑いを誘ったという。

 そして10日、長年、上沼を担当する女性マネジャーが大阪市内で取材対応。各スポーツ紙によると、マネジャーは上沼の現状について「冷たい言い方になってしまいますが、上沼はお2人(久保田と武智)のことを、気にも留めていないというのが実情です」と説明。さらに、「全く興味がなく、これ以上、何も起こりません」と終結宣言したというのだ。

「上沼は2人が直接謝罪することを拒否したというが、2人に対して興味がないならその対応も納得。もはや世間は関心がなく、勝手にメディアが盛り上がっていた。2人が所属する吉本興業としては、2人が出演する公演や番組をことごとくメディアが取り上げてくれるのでウハウハ。しかし、上沼に早々と終結宣言されてしまってすっかり拍子抜けしているようだ」(芸能記者)

 何ともあれ、2人のせいで吉本は今後、上沼に“絶対服従”を強いられることになりそうだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ