search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 柴田理恵は“昆布女王”

柴田理恵は“昆布女王”

 富山県出身で「とやまワハハ大使」を務める女優・柴田理恵が16日、都内で行われた「富山・北海道 昆布祭り」にゲスト出演した。

 柴田は“昆布クイーン”を自称するほどの昆布フリーク。昆布好きが極まって著書「柴田理恵の100%昆布活用術」(日東書院)まで出版したほどだ。
 富山では「昆布」と書いて「こぶ」というため、「よろ昆布(こぶ)」として結納時など贈答用にも広く用いられており、先日婚約したばかりの石田純一にも「昆布は縁起ものなのでお勧め。末永くお幸せに」と、祝辞を述べつつもちゃっかり昆布を強力プッシュ。
 「結婚式は貧乏だったので下北沢の劇場に料金800円でお客さんを呼んで、そのお客さんに昆布を巻いたかまぼこをお土産に配った」という自身の結婚時のほのぼのエピソードも明かし、愛する昆布のPRに余念がなかった。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ