search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 山田優・押切もえ・エビちゃん 「恋バナ」公開戦略 誤算

山田優・押切もえ・エビちゃん 「恋バナ」公開戦略 誤算

 オトコの存在を隠すなんて今は昔のこと。最近の女性タレントたちはみな、こぞって彼氏との交際をオープンにし、堂々と付き合っていることを宣言するのだ。その代表といわれているのが、イケメン代表格の小栗旬(26)との交際を包み隠さず発表した山田優(25)、故郷・宮崎で「RIP SLYME」のILMARI(34)と実家デートをフライデーされ、交際を認めた蛯原友里(29)、そして巨人・野間口貴彦投手(26)との交際を堂々宣言している押切もえ(29)の3人娘だ。

 「くしくもこの3人は同じ事務所に所属しています。事務所の“オープン戦略”もあって、開けっぴろげに交際を宣言しているのです」(芸能プロ幹部)
 3人とも各種のイベントに登場し、ことあるごとに芸能リポーターたちから「交際は順調ですか?」の質問を受け、そのたびイヤな顔ひとつせずに、ニッコリとほほ笑む。もはや毎日のあいさつと一緒。ルーティンワークのひとつになっているのだ。
 「とりあえず彼氏について触れておけば話題になるので、同じようなことを毎回繰り返しているのです。もはや聞く方も聞かれる方も、飽き飽きしているんですけどね(笑)」(同)
 しかし、ここにきて、あまりにもあからさまなやり口にファンたちがドン引き。3人娘の人気が急降下してきているというのだ。
 ファッション誌関係者が語る。
 「3人とも、もはやファッション誌の中での人気はトップとは言い難いですね。名前が躍っているのは一部ワイドショーのみでしょう。芸能マスコミの世界ではまだチヤホヤされていますが、彼女たちを本当に支えているのは、ファッション誌読者である同性たち。彼女たちからソッポを向かれると、この先厳しいですよ」
 かつてはエビちゃん、モエちゃんが着ている服は即完売。持っていたバッグやアクセサリーもすぐに売り切れるなど、社会現象にまでなったほど。ところが「ここ最近は読者の人気投票ランキングでも、ベスト10圏内にすら名前が上がってこない」(前出・ファッション誌関係者)というから、オトコとの交際をベラベラしゃべっている場合ではないのだ。
 「実は、本人たちがいちばん、自身の人気低迷を実感しているんですよ。だから逆にオトコとの話題でも提供しなければ取り上げてもらえないことを知っていて、隠すことなく、彼氏の話題を語り続けているわけなんです」(ワイドショースタッフ)
 まさに悪循環。「モデルとしての旬は過ぎつつあり、かといって、女優への転身がうまくいきそうでもない。今は交際話で引っ張るしか手段がないのが現状」(芸能評論家)
 このあたりでそれぞれの立ち位置を再認識する必要がありそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ