search
とじる
トップ > 芸能ニュース > デビュー20周年の倉木麻衣、カラオケがなければ「歌手になっていない」 幼年期からカラオケで歌の練習

デビュー20周年の倉木麻衣、カラオケがなければ「歌手になっていない」 幼年期からカラオケで歌の練習

pic pic

倉木麻衣

 歌手の倉木麻衣が5日、都内で行われた「通信カラオケ新商品発表会『DK EXPO 2019』」に出席。特別ステージでバックダンサーを従え、「Love, Day After Tomorrow」「薔薇色の人生」「Secret of my heart」「渡月橋 〜君 想ふ〜」のヒット曲4曲を熱唱した。

 デビュー20周年を迎えた倉木はステージに立つと、「デビュー20周年。その節目に貴重な機会をいただきとっても嬉しく思います」と感慨深げな表情。会場にはたくさんのカラオケ機種が並べられていたが、「実はわたし、カラオケがなかったら歌手になっていない」とも述べ、小さい頃からカラオケで歌の練習をしていたことを紹介。

 「今でもカラオケによく行きます。ライブのセットリストを全部カラオケに入れて練習したりするんです」ともコメント。「ファンの方もたくさんわたしの歌を歌っていただいているみたいで、本当に嬉しい。カラオケではぜひわたしの曲を楽しく歌っていただきたいです。みなさんにとって(カラオケライフが)『薔薇色の人生』でありますように」と話して、笑顔を見せていた。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ