search
とじる
トップ > 芸能ネタ > アンチ「嵐」がねつ造する大野智の演技力

アンチ「嵐」がねつ造する大野智の演技力

 ドラマ『世界一難しい恋』(日本テレビ)で主演しているジャニーズの人気グループ「嵐」の大野智に意外な評判が出回っている。

 13日に放送した初回は12.8%とまずまずのスタートを切った大野。日テレと大野のドラマの組み合わせは「怪物くん」以来だが、好スタートに相性の良さをうかがわせた。

 ただ、番組終了後、ネット上には「大野 演技下手」というキーワードが急上昇したという。「ツイッターなどの書き込みには『スバ抜けて下手』とか『見てられない』とか、結構あがっていたようです。そもそもジャニーズの中でも大野は演技が上手いというのが業界内での評判だっただけに、この反応はちょっと意外でした」とはある制作会社関係者。

 今回の大野はホテルチェーンの社長という役柄で、経営手腕はあるヤリ手だが、自分中心の子供っぽい性格で女性からはドン引きされるという難しい役どころだ。演じるキャラクターの色として、あえて不器用な一面を見せなければいけないから、下手な雰囲気を出しているというのもあるのかもしれないが、あるテレビ局関係者は「SMAP騒動が尾を引いている側面があるのでは」と分析する。

 1月に大騒動になった解散騒動だが、「あの騒動は、ネット上ではメリー副社長が娘の藤島ジュリー副社長を社長にするために、飯島マネジャーを追い出したという見られ方をしている。そのため、メリー副社長やジュリー副社長を『悪』と見ている人は多い。そのジュリー副社長が一番に推しているのが嵐ですからね。あれでアンチ嵐という人たちも増えたと言われているし、その辺りから『下手』という声が出ているのかもしれない」という。

 この「下手」という評判がどう変わっていくのか。そういった意味では見ものかもしれない。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ