search
とじる
トップ > スポーツ > 格闘美 アイドルレスラー風香が、ぐ〜んと大きく成長して復活

格闘美 アイドルレスラー風香が、ぐ〜んと大きく成長して復活

 戦線離脱していた女子プロ界が誇るアイドルレスラー風香が18日、格闘美の東京・新木場大会で復帰した。3月21日の浜田文子戦後に「もうやりたくない」とだけ述べ、事実上の休業状態に陥っていた風香。いったい超人気アイドルレスラーになにがあったのか。廃業危機から再びリングに舞い戻ってきた陰には知られざるウラ話があった。
 3月21日の浜田文子戦後だった。「もうやりたくない」。そう泣き崩れた風香はリングを後にした。浜田から想定外の“蹴撃”を食らい、身も心もズタズタに切り裂かれ戦意喪失。これまで味わったことのない感情に「戦う気力がなくなった」として、戦線離脱することになった。
 レスラーにとって戦意喪失というのは致命傷といっていい。とはいえ、やむを得なかった。「叩き潰されてプロレスのことが考えられなくなって…。とにかくパニック状態で休むことにしました」。しかし、そのリフレッシュ期間が風香を変えることになる。
 「奈良の実家で毎日20時間くらい引きこもってました」。いわばニート同然の引きこもり生活、そんな状況下であるブツが風香に奇跡を起こす。「占いとか信じないんですが、パワーストーンにハマッて仕事とか恋愛成就のヤツを20個くらい買いました。そしたら段々効いてきて…」。パワーストーンの魔力に導かれるように、復活への決意が固まった。
 しかし、だ。プロレスラーになって初の休暇を満喫した一方で、引きこもりも度が過ぎてしまった。「毎日ケーキ6個とか食べてて4kgも太っちゃいました。バストが2ランクアップして身体がふたまわり大きくなっちゃって…」。
 離脱中にウエートアップにともなって、バストがBカップからDカップにまでグングン成長。“巨乳化”したというのだ。女性にとってはうれしい悲鳴だが、風香はあくまでレスラー。「絞るために必死こいてトレーニングしました。新技もできました」。この日は試合にこそ敗れたものの、完成した新必殺技を披露するなど、ファンに元気いっぱいの姿を見せた。

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ