search
とじる
トップ > 芸能ニュース > “女優版ジャニーズ”? 最近は若手俳優も人気の大手芸能プロが存続危機を迎えていた理由

“女優版ジャニーズ”? 最近は若手俳優も人気の大手芸能プロが存続危機を迎えていた理由

pic pic

桐谷美玲

 桐谷美玲、黒木メイサらが所属している芸能プロ「スウィートパワー」の社員が続々と辞めていることを、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

 同社といえば、らつ腕女性社長が自らスカウトしてきたタレントたちをスターに育て上げていることが知られているが、以前はタレントも社員も女性ばかりで、「女版ジャニーズ」と呼ばれていた。

 売れっ子だった堀北真希さんは17年2月に退社し引退。現在は桐谷、黒木を始め、イケメン俳優の高杉真宙、岡田健史ら男性タレントの売り出しにも力を入れ始めている。

 「菅田将暉、山崎賢人らジャニーズ以外の事務所のタレントが売れっ子になっているのを見て、俳優の育成にも手を広げるようになりました」(テレビ局関係者)

 同誌によると、最盛期には20、30人ぐらいマネジャーがいたが、この1年で10人ほどが辞めてしまったという。

 入社した新人マネジャーは必ず地方に飛ばされ、一定期間スカウトをさせられるのも、退社が相次ぐ原因とみられるのだとか。そのため、タレントを売り込みたくても、人出が足りない状況に陥ってしまったというのだ。

 「先ごろ、社長の右腕と言われていた女性社員が退社してしまった。もともと、社長は“独裁者”だったが、ここに来てさらに拍車がかかったようで、社員たちがついていけなくなってしまったようだ。そのため、存続危機のような状況に追い込まれてしまっている」(芸能記者)

 芸能界は特殊な業界で、ただでさえ働き手が少ない中、今後、社員を増やすのはなかなか至難の業と思われる。

 とはいえ、らつ腕社長がこの窮地をどう乗り切るのかが注目される。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ