search
とじる
トップ > 社会 > 40年勤務のベテラン保育士、園児を虐待し退職 保育士経験者からは「氷山の一角」の声も

40年勤務のベテラン保育士、園児を虐待し退職 保育士経験者からは「氷山の一角」の声も

pic pic

画像はイメージです

 埼玉県加須市の保育園で、40年勤務する主任保育士の女が、園児に虐待とも思える行動を取り、退職していたことが判明し、批判が殺到している。

 事案が発生したのは、埼玉県加須市の保育園。40年勤務し、保育士を指導する立場の主任保育士が、昨年4月から今年4月にかけ、園児に対し「まぬけ」「のろま」などと暴言を吐いたほか、指導と称して頭同士をぶつける行為などもしていた。ただし、園児に怪我などはなかったという。

 今年4月になり、加須市に情報が入ったため、市が立ち入り調査を実施。その結果、この保育士が実際に暴言や虐待と取られかねない行動を取っていたことが判明したため、今年6月、児童福祉法に基づき、保育園に改善を指導。そして、この保育士は同月に退職した。

 保育士はなぜ虐待とも思える行動に出たのか。市の聞き取りに対し、理由について、「保育を計画通りに進めないといけないという責任感から厳しい口調になった」「虐待と取られることがあったのはわかる」と話したという。この保育園では、土曜保育で提供するとしていた給食を提供していなかったことも判明しており、かなり杜撰な管理体制となっていたようだ。

 この事案に、ネットの反応は真っ二つ。「こんな人間に保育をやらせるな」「こんな人間に絶対自分の子供を預けたくない」「計画通りにならないからといって癇癪起こすなんて保育士に向いていないだろ」と怒りの声が上がる。

 一方で、保育士経験者からは「イライラして子供に八つ当たりするベテランは結構いる。良い立場にいるので、注意ができない」「こういうのはどこにでもある。入社するとき実態を口外するなという誓約書を書かされるので、訴えることができない」と、「氷山の一角」と見る声もあった。

 また、地元民からは「この保育園は評判が悪かった」という指摘も。実際、保育園はこの件についての説明を「利用者への説明は終わっている」としており、高圧的と取られても致し方なく、批判が殺到している状況だ。

 小さい子供に対し暴言を吐いた上、暴力的な行動を取る。これは保育士にあるまじき行為であることは明白。しかも、この道40年のベテランとなれば、被害を受けた子供が多数いるであろうということは、容易に想像できる。

 このような保育士を出さないために、国や事業者が現場をしっかりと監視する必要がある。さらに、やる気を出させるような待遇の改善も必要だ。

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ