search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 年末の紅白、NHKが狙うもう一人の“歌姫”とは

年末の紅白、NHKが狙うもう一人の“歌姫”とは

 大晦日恒例の紅白歌合戦だが、今年の年末に向けての調整がスタートしている。昨年は“歌姫”中森明菜の復活が話題を呼んだが、今年はまた別の“歌姫”復活を目指しているという。

 約4年ぶりの芸能活動を再開させ、12年ぶりに紅白に復活した明菜。「その甲斐もあってか、42.2%の高視聴率だった。一昨年に比べて数字は落としていますが、明菜復活の話題を作れたということでNHKの力を見せることが出来たと局内は万々歳といったところでした」とレコード会社関係者。

 だからこそ、「復活」のキーワードは今年も狙いに行くというのだ。紅白が狙いを定めているのが「安室奈美恵さんですよ」と同関係者。紅白は2003年を最後に出場しておらず、さらにここ数年はテレビの出演もゼロ。ほとんどコンサートだけでの活動となっているが、「まだまだ女性からはカリスマとしてあがめられていて、コンサートをやったら、5000人規模の会場ならチケットは秒殺。プラチナチケットと呼ばれている」(芸能プロ関係者)というほどだ、当然、この人気に目をつけないわけがなく、近年は紅白もオファーはしているようだが「完全にふられている状態」(同関係者)だとか。

 結局、同じ結果になるのではと思われるが、「今年は安室さんの置かれた環境が違うということで、何とかしたいという思いは強いようです」(前出のレコード会社関係者)。安室は今年の頭、長年、所属していた事務所から独立し、個人事務所を立ち上げ、その社長まで務めている。「ここ数年間は安室さんと前の事務所とは、ほとんど話も出来ないといったくらい関係は冷めていた。だからNHKも話すら出来なかったでしょうが、その点が変わってますからね。今年の紅白スタッフの中では何とかしたいし、何とかなるのではという思いは強いようです」と同関係者。

 果たして紅白の復活となるか。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ