search
とじる
トップ > 社会 > 神奈川県警の痴漢捜査官が駐輪場で女子大生の尻触る

神奈川県警の痴漢捜査官が駐輪場で女子大生の尻触る

 なんとも、トホホな事件が起きてしまった。

 神奈川県警平塚署は10月29日、駅前の駐輪場で女子大生(19)の尻を触ったとして、県迷惑行為防止条例違反(痴漢)容疑で、県警鉄道警察隊の男性巡査長(30=同県平塚市黒部丘)を逮捕した。

 逮捕容疑は、28日午後10時40分頃、平塚市紅谷町にあるJR平塚駅西口の屋内駐輪場で、自転車を出そうとしていた同市に住む女子大生に後ろから近づき、服の上から尻を触ったとしている。

 女子大生が悲鳴を上げたため、巡査長は逃走。近くにいたアルバイトの男性(30)が追い掛けて、現場から約50メートル離れた路上で取り押さえ、駆けつけた警察官に引き渡した。

 巡査長は同日の勤務が終わった後、午後5時半頃から横浜駅前で同僚と酒を飲み、別れて帰宅途中だった。

 県警監察官室によると、巡査長は4年前から鉄道警察隊に所属し、電車内での痴漢の取締りなどを担当していた。

 調べに対し、巡査長は容疑を認めており、「触ったことに間違いありません。女性に悪いことをした」と供述している。

 監察官室の小清水芳則室長は「非常に遺憾で厳しく受け止めている。警察官としてあるまじき行為で、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 酒に酔って、理性を失ったのかもしれぬが、痴漢捜査官が痴漢行為をはたらいたのでは、しゃれにならない。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ