search
とじる
トップ > 社会 > 大阪駅通り魔事件で逮捕の38歳女、あきれた供述とクレーマー体質

大阪駅通り魔事件で逮捕の38歳女、あきれた供述とクレーマー体質

 JR大阪駅で女性3人が刃物で切りつけられて軽傷を負った通り魔事件で、大阪府警曽根崎署捜査本部が23日に傷害容疑で逮捕した神戸市西区池上の無職大山和歌容疑者(38)のあきれた供述内容とクレーマー体質が浮かび上がってきた。事件直前、ささいなことで駅員に「どないしてくれるんや!」と大阪弁ですごんでいた。

 大山容疑者は、捜査本部の調べに「やっていない。考えさせてください」などと供述しているという。否認しておきながら何を「考えさせてくれ」というのか、さっぱり分からない。任意同行時は顔をこわばらせていたが、いまは落ち着いているという。
 あきれるのは供述内容ばかりではない。大山容疑者は22日の事件当日、自宅最寄のJR明石駅から大阪市内の知人宅に向かう途中、扉に体をはさまれたことで激怒。乗り換え駅の大阪駅で事件を起こし、逃走後に降りた弁天町駅で駅員にすごんでいた。
 「体を挟まれたやないの!あんた、どないしてくれるんや!夜また電話するからな!」などといちゃもんをつけ、トラブルを起こしていたという。クレーム処理にあたった駅員が同容疑者の顔を覚えていたことが逮捕の決め手のひとつとなった。
 府警が公開した防犯カメラの映像を見た知人が「大山容疑者に間違いない」と捜査本部に情報提供し、浮上した。捜査本部には計約60件の情報が寄せられたという。
 扉に挟まれたことが直接の犯行動機かは調べを待たないとわからない。しかし、同容疑者の犯行だとすれば、通り魔事件を起こしたあとで駅員にかみついているわけだから極度のクレーマー体質といえそうだ。
 これまでの調べでは、大山容疑者は22日午後1時半ごろ、大阪駅の大阪環状線ホームに向かうエスカレーターや同線ホーム上で、兵庫県西宮市の女子大生(20)と奈良県香芝市の女性会社役員(52)、大阪市の女子大生(20)のそれぞれ左上腕部を、手元に忍ばせたカッターナイフのような小型の刃物で切りつけ、軽傷を負わせた疑い。
 さらに大山容疑者と防犯カメラに写っていた黒い帽子の不審な女の身長が一致していたことが24日、新たに判明。体格が酷似していたこともあって逮捕に踏み切ったという。捜査本部は動機を追及するとともに、見つかっていない凶器と黒い帽子を全力で探す。
 防犯カメラに写った女は黒の帽子とワンピースを着用。画像を分析した結果、身長は大山容疑者と同じ約160cmだった。普段からワンピースやミニスカートなどを着用することが多いという。

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ