search
とじる
トップ > スポーツ > DDT 天下統一のため、カレー店開く

DDT 天下統一のため、カレー店開く

 DDTプロレスリングのカレー専門店「フレンチカレーミツボシ」が1日、都内の丸ビルに出店。プロレス団体としては異例の進出だが、初日から大好評。高木三四郎社長の笑いが止まらない。

 お店は飲食スペースあり、11時から21時まで営業の持ち帰り専門店。この日、ランチの時間だけで200食ほど販売。昼時にはビジネス街ということもあり、プロレスファンだけでなく多くのOLやサラリーマンで賑わった。

 この出店の裏には社長のある思惑がある。「全てはプロレス界の信長の野望のためですよ。天下統一のため、豊富な資金源が必要なのです」と飲食業に力を入れる理由を戦国時代のたとえで説明。
 さらに、「もう某ショッピングモールからも引き合いが来ているんですよね、ハッハッハッ」と高笑い。アラフォー社長の野望は続く。

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ