search
とじる
トップ > レジャー > 私はこうしてお客様に落とされた 〜桃・ホステス(23歳)〜

私はこうしてお客様に落とされた 〜桃・ホステス(23歳)〜

 「桃ちゃん、俺と本気で付き合ってくれない? お客さんとしてじゃなくて」

 真剣な顔でそんなことを言ってきた橋本さんは、30代半ばにして、いくつもの飲食店を経営している。ちょっと前まで、バリバリの営業マンだっただけあって、会話が途切れるなんてことは、まず、ありえない。それどころか、いつも自分から話を振ってくれるから、店の女の子みんなから慕われてた。

 こうやって何度も店に来てくれて、アフターに行く機会も多かったけど、まったく欠点が見つからない。完璧な人だと思った。きっと、橋本さんみたいな人をゲットできたら幸せなんだろうな。普通は。

 でも、まったく乗り気になれない私は、丁重にお断りをした。

 「私ね、オジ専なんです」

 橋本さんはキョトンとして私をジッと見ていた。そして、何か口にしようとしていたけれど、それを遮るように私は話し続けた。

 「母子家庭で育ったから、お父さんって存在を知らないんです。それが関係してるかはわからないんですけど、恋愛相手にも、お父さん世代だろうなっていう、う〜んと年上の男の人を求めちゃうんです」

 別に、お客さんを傷つけないために嘘をついてるわけじゃないんです。正真正銘、本当にオジ専なんです、私。

 年齢は、最低でも、自分よりふた回りは離れていないとダメ。隣に座ったときや、同じベッドで眠るときに匂う、オジサマ独特の匂い(※加齢臭)フェチ。ついでに付け加えると、オジ専であり、デブ専でもあるんです(笑)。

 この仕事についたのも、大好きなオジサマたちとずっと話していられる。なんて、軽く考えて入っちゃっただけなの。(もちろん、今はちゃんとこの仕事に誇りとやりがいを持っているけどね)

 そんな私が今付き合っている彼の年齢は58歳。私とは35歳差。もちろん、惚れ込んだのも、猛アタックしたのも、私から。最初は、どうせ色恋だろとか、お金目当てかよとか、かなり疑われたけどね。今は、ちゃんと信頼し合っています。

 でも、私だけが特別というわけでもなく、オジ専とかデブ専の女の子って、意外に多いんですよ?

取材・構成/LISA
アパレル企業での販売・営業、ホステス、パーティーレセプタントを経て、会話術のノウハウをいちから学ぶ。その後、これまでの経験を活かすため、フリーランスへ転身。ファッションや恋愛心理に関する連載コラムをはじめ、エッセイや小説、メディア取材など幅広い分野で活動中。
http://ameblo.jp/lisa-ism9281/
https://twitter.com/#!/LISA_92819

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ