主役なのにどんどん出番を減らされる松山ケンイチ

芸能ニュース 2012年06月19日 15時30分

主役なのにどんどん出番を減らされる松山ケンイチ

 「画面が汚い」などと再三NHK大河ドラマ「平清盛」を批判していた井戸敏三兵庫県知事が18日、アイドルグループ「NMB48」の山本彩と渡辺美優紀とともに神戸市内で行われた節電・クールビズ推進の「SUPER COOLBIZ2012 in 関西」のキックオフイベントに登場。

 同ドラマは6月3日の第22話が関西地区で9.2%という前代未聞の低視聴率を記録したが、低視聴率アップのために投入された登場人物のテロップ表示や番組プロデューサーによるツイッター解説などを井戸知事は「視聴者が求めていること」とし、ストーリーについて「一般の人に分かりやすい流れになってきた」と評価したが、遠景の撮影手法については「普通に撮ったらいいのに」と疑問を投げ掛けた。

 「3日はサッカー日本代表戦の放送と重なったこともあり、関東地区でも11.0%と低視聴率だったが、前週5月27日の10.2%よりもアップ。6月10日は11.6%、17日は12.1%と低空飛行ながら少しずつ回復している」(NHK関係者)

 そんな同ドラマについて、発売中の「女性自身」(光文社)が衝撃的な“秘策”が練られていることを報じている。同誌によると、これまでの視聴率を制作サイドが分析した結果、平清盛を演じる主演の松山ケンイチだけでは数字が取りにくいとして、「松山さんばかりクローズアップするのはやめよう」という方針に決定。清盛のライバルである源義朝を演じる玉木宏や武井咲演じる悲劇のヒロイン・常磐御前の出番を増やし、今後、1話のうち松山が5分しか登場しないストーリーも考えられているというのだ。

 「たしかに、大河の主演に松山を抜擢したことに対し、局内からは『時期尚早では』との声もあがっていたようだが、いくら低視聴率でも、あまりにも扱いがひどいのでは。来年の大河『八重の桜』の主演は松山と同じ事務所の綾瀬はるかだけに、事務所サイドがNHKに不信感を抱き、関係が悪化しそう」(テレビ関係者)

 史実では源氏が平氏に勝利したが、ドラマでは源氏が主役の平氏を押しのけそうで、そのうち、またまた井戸知事が苦言を呈すことになりそうだ。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る