search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 今、業界が注目する“EXILE”が持っている数字とは

今、業界が注目する“EXILE”が持っている数字とは

 長寿番組『笑っていいとも』の終了し、新番組『バイキング』がスタートした。この番組にテレビ業界があることに注目しているという。

 スタート早々、「つなまらい」と不評を買っているが、「国民的番組を打ち切ったわけですから、フジテレビもその辺の批判は重々、承知の上でしょう。ネット上では『短期で打ち切りでは?』という話もちらほら聞かれますが、その通りにしてしまえば、タモリさんを切るための口実にしか見えなくなってしまいますから、手を変え品を変えてでも、2〜3年は持たすでしょうね」とあるテレビ局関係者。

 視聴率も5〜6%と、『いいとも』の末期よりも悪い数字にはなっているが、「いま業界が注目しているのはEXILEですよ。このグループがどれだけ数字を持っているのかってことです」とある制作会社関係者はいう。『バイキング』には火曜日の司会にEXILEメンバーが週変わりで入ることが決まっている。

 「実はいまテレビ業界で探られているのは『EXILEのメンバーは意外と数字を持っているんじゃないか』ってことなんです。MAKIDAIはドラマでは散々、酷評されたが、数字から見たら大成功。レギュラー出演している『ZIP!』もかなりいい成績を残している。EXILE単独の番組だとそこまで数字があがらないんだけど、メンバー単独で出てくるとちょっと違いが出る。人気のTAKAHIROが『バイキング』でどれだけ数字を出せるのかによっては、これからのEXILEの使い方が変わってきますからね」と同関係者。

 ちなみにTAKAHIROとNAOTOが出演した初回の視聴率は6.3%とまずまずだった。ただ、これはあくまで初回だから出たもの。これからどうなるかが、楽しみだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ