search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 10月期ドラマ、高視聴率が期待できるのは月9? キムタク主演日曜劇場はどこまで健闘できるか

10月期ドラマ、高視聴率が期待できるのは月9? キムタク主演日曜劇場はどこまで健闘できるか

pic pic

ディーン・フジオカ

 来月からスタートする2019年秋ドラマ。多くの作品情報が解禁されているが、そんな中、スタート前からすでに高視聴率を期待されている作品がある。そのひとつが、新月9ドラマ『シャーロック』(フジテレビ系)だ。

 「月9初登板となるディーン・フジオカが主演を務める『シャーロック』。『シャーロック・ホームズシリーズ』を現代の東京に置き換えたストーリーが描かれます。ディーン・フジオカの主演作は18年の『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』(フジテレビ系)が平均視聴率6.2%、17年の『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)が6.1%といずれも低く、懸念要素もありますが、ディーン・フジオカの出演作は視聴率こそ低いものの、毎回面白いという評価もあり、ミステリードラマは数字を取りやすいという事情も。放送を心待ちにするドラマファンの声が多く寄せられています」(ドラマライター)

 また、新水曜ドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系)にも期待が集まっている。

 「高畑充希主演の本作。大手ゼネコンに勤める新人の女性社員が描かれ、"同期”には、橋本愛、新田真剣佑など、期待の若手俳優がそろっています。脚本は遊川和彦。17年に放送された『過保護のカホコ』(日本テレビ系)のスタッフが再結成します。『過保護のカホコ』といえば、最高視聴率14.0%を記録した人気作。ドラマファンからは、『カホコ面白かったから楽しみ!』『水曜日のお仕事ドラマはやる気が出るし絶対チェックする』という声が聞かれています」(同)

 また、新日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系)に注目する声も聞かれている。

 「『グランメゾン東京』は木村拓哉主演作。木村演じる型破りなフランス料理のシェフ・尾花が東京で三つ星レストランを目指すレストランを開店しようとするストーリーです。日曜劇場は注目度も高く、さらに脇を飾っているのが鈴木京香、及川光博、沢村一樹、尾上菊之助、玉森裕太と、主役級が多数。ドラマファンはもちろん、脇役のファンも視聴するため、視聴率が高くなりそうです」(同)

 果たしてこの3作が高視聴率を記録することはあるだろうか。期待したい。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ