search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜(11月24日)ジャパンC(GI)他1鞍

ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜(11月24日)ジャパンC(GI)他1鞍

【先週の結果】

先週の的中は以下の通り。

・京都11Rが○→◎→△で決まり、馬単2,040円、3連複3,200円、3連単16,580円。

【今週の予想】

☆東京3R 2歳未勝利(芝2000m)

 ここはエブリワンブラック。デビュー戦となった前走は出遅れて後方からの競馬となったが、向正面で徐々にポジションを上げて行き、3コーナーでは4,5番手の位置。直線入り口で先頭に並びかけたが、終始内で脚を溜めていた勝ち馬に差されて3着。それでも終始外を回ったことや、直線一旦勝ち馬に突き放されても再度差を詰めていった内容は負けて強し。スタートさえ決まれば突き抜けるだろう。

◎エブリワンブラック
○トーセンアーリー
▲ロードオマージュ
△₁マイネルミンドール
△₂ドリームメッセージ
△₃ナンヨーユウヤク

買い目
【馬単】4点
◎→○▲△₁△₂
【3連複2頭軸流し】4点
◎○−▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】12点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂△₃

☆東京11R ジャパンC(GI)(芝2400m)

 ジャパンカップ創設以来初めて外国馬の参戦がゼロとなったが、ジョッキーはO・マーフィー騎手、W・ヴュイック騎手、L・デットーリ騎手、C・スミヨン騎手、R・ムーア騎手と世界を代表する名手が集結。馬だけではなく、ジョッキーたちの戦いにも注目。肝心の馬であるが、本命には岩田康誠騎手が乗るユーキャンスマイルを推す。今年に入ってから5戦2勝2着1回4着1回5着1回と掲示板を外しておらず、その内最速の上がりを使ったのは4回と今がまさに充実期。特に前走の天皇賞(秋)では、上位が4角5番手以内ばかりだった中、本馬は4角13番手から追い込み4着。勝ったアーモンドアイは別格の走りで3馬身+クビ+クビ差であったが、2着馬ダノンプレミアムまではクビ+クビ差と僅か。そもそも、ユーキャンスマイル自身距離が延びてこそと言われており、2ハロンの距離延長はプラス。前走もしっかりと仕上がっていたが、今回は研ぎ澄まされたといえる状態に仕上がった。天皇賞(秋)の上位3頭が不在となれば、ここは勝ち負け必至。相手本線はスワーヴリチャード。昨年の3着馬であるが、今年も休み明けで天皇賞(秋)を使ってここに参戦。昨年は天皇賞(秋)を10着に敗れてからJCへ参戦し3着。今年は7着からの参戦になるが、関係者曰く、昨年より良い状態で天皇賞(秋)を使って今回に臨めるとのこと。さらには、今回の鞍上は英国リーディングを獲得したO・マーフィー騎手。となれば勝負度合いは高い。▲はワグネリアン。以下、ルックトゥワイス、カレンブーケドール、レイデオロまで。

◎(6)ユーキャンスマイル
○(5)スワーヴリチャード
▲(2)ワグネリアン
△(9)ルックトゥワイス
△(1)カレンブーケドール
△(8)レイデオロ

買い目
【馬単】6点
(6)→(1)(2)(5)(9)
(2)(5)→(6)
【3連複1頭軸流し】10点
(6)−(1)(2)(5)(8)(9)
【3連単フォーメーション】20点
(6)→(1)(2)(5)(9)→(1)(2)(5)(8)(9)
(5)→(6)→(1)(2)(8)(9)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ