search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 元ものまねタレント清水良太郎、“ギャンブル依存症”状態で芸能界復帰が難しそう?

元ものまねタレント清水良太郎、“ギャンブル依存症”状態で芸能界復帰が難しそう?

 覚せい剤取締法違反(使用)の罪で逮捕・起訴され、昨年12月に懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けた元ものまねタレントの清水良太郎の近況を、発売中の「フライデー」(講談社)が報じている。

 良太郎は昨年10月10日、東京・池袋のホテルでガラスパイプを使って覚せい剤を使用。ホテルに呼んだ風俗嬢の女性にも口移しで与えようとしたため、通報され逮捕されていた。

 その後、女性は薬物吸引を強いられた件で良太郎を強要罪と傷害罪で刑事告訴。地検に受理された後、示談に至ったという。

 「相手の女性は一部週刊誌で事の顚末を明かしたが、弁護士を通じて渡された良太郎の反省文には、『風俗で働く女性には何をしてもいいと思ってました』とあきれた内容がつづられていたとか。おまけに、良太郎の父・清水アキラも『良太郎は未来があり、大切な息子』などと、まったく反省の言葉がなかったというからあきれる」(芸能記者)

 事件後、良太郎は自分の兄が社長を務める事務所から解雇され、現在、芸能活動を行うのは難しい状況だ。

 そんな中、同誌が報じたところによると、現在は引っ越し屋でアルバイト。仕事は真面目にやっているようだが、なんと、パチンコだけはやめられないのだとか。

 仕事が終わるとパチンコ屋に直行する日々で、同誌はパチンコに興じる写真を掲載。

 おまけに、パチンコで負ける度に知人に借金を重ね、借金は2000万円を超えているというのだ。

 「17年には闇カジノ通いを報じられ芸能活動を自粛。さすがに、クスリ断ちはしているようだが、ギャンブル依存症からは抜け出せなかったようだ」(同)

 父親は良太郎の才能を買っていたというが、このままでは芸能界復帰は難しそうだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ