search
とじる
トップ > 芸能ニュース > フジテレビ、期待の女子アナは“異色”? バラエティでもニュースでも重宝される久代アナ

フジテレビ、期待の女子アナは“異色”? バラエティでもニュースでも重宝される久代アナ

pic pic

画像はイメージです

 28日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)にて、同局の久代萌美アナウンサーが衝撃の告白をして共演者らを驚かせた。

 この日番組では、プロ野球ドラフト会議について特集をしたのだが、抽選で球団が交渉権を獲得する制度に対し、ダウンタウンの松本人志が「入りたいところに入れないのは難しい」と話し、「女子アナもそうやろ。入りたいとこ入れないわけでしょ」と久代アナに同意を求めた。

 それに同意した久代アナだが、東野幸治から就職の際、第一志望がどこだったのか問われると「テレビ朝日でした」と回答。そして、「テレビ朝日のミュージックステーションでタモリさんの横に座るのが夢でした。憧れでした」とあっさり理由を話し、最後に受かったのがフジテレビしかなかったことを打ち明けたのだ。その後、笑いに包まれるスタジオの空気を察して、「良かったです。東野さんの横に座れて」とフォローしたが、東野からは「もう遅いですよ!」と突っ込まれていた。

 久代アナといえば、『さんまのお笑い向上委員会』で見せる、明石家さんまとの絡みも絶妙だが、出しゃばるタイプでないながら大物からの評価は高い。

 「さんまのお笑い向上委員会では、セクハラまがいの言葉を芸人らから投げかけられることもありますが、上手にあしらってバランスを保っていますよ。以前、番組内で出始めの芸人が『フジテレビにしてはあまり可愛くねーんだよ』と言ってしまったこともあったのですが、涙をにじませながらも泣くことはせず。むしろ、『最近“ブスパン”て言われるんですよ』と上手に返し、その場をうまく収めていました」(芸能記者)

 “ブスパン”とはとんねるずの石橋貴明が最初に言ったというが、久代アナはバラエティだけではなく、ニュース番組での原稿読みの評判もいい。

 「ニュース番組では眼鏡をかけて出演することが多いのですが、その雰囲気も合っていて、きちんと丁寧に原稿読みができると評判です。最近出演中のワイドナショーでも出しゃばりすぎない態度が好評で、これまでフジテレビに中々いなかったタイプのアナウンサーといえるでしょう」(前出・同)

 今後、さらに久代アナの魅力が開花しそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ