search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 玉川氏、TV番組のマウスシールドに「意味ない」「悪い影響が出ている」と批判 “北陸の首長”に怒りも

玉川氏、TV番組のマウスシールドに「意味ない」「悪い影響が出ている」と批判 “北陸の首長”に怒りも

pic pic

画像はイメージです

 20日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で、同局員の玉川徹氏が、口元に装着するマウスシールドに物申して話題となっている。

 番組中盤、昭和大学・二木芳人客員教授が、マウスシールドについて「感染防止効果はかなり低い」と解説。「口元を明らかにしなければいけない仕事、(例えば)手話をされる方が着けるのは許容できるが、一般にはお使いにならないものだと思う」と求めた。
 
 これを聞いていた玉川氏は「おっしゃる通りですよね。僕もテレビ見てて違和感を覚えます」と切り出すと、「(飛沫が)ダダ漏れですよ。マスクの意味、全然意味ありません」と注意。「(マウスシールドは)エクスキューズとしてやってるんだもんね、テレビは」と、“形だけ”と一刀両断した。

 続けて、「そういうのやめた方がいいと思うテレビ局は。テレビ朝日もね、意味ないから」と、反省を促すようピシャリと言ってのけた。だが、各局に番組を持つ羽鳥慎一アナウンサーはそれ以上、話をさせない意図もあったのか、「不織布マスク…」と横から割って入った。それでも、同氏は「逆にそれで(一般の人にも)悪い影響が出ている」と話し始め、「テレビ東京はニュース番組でもマスクするという決断に出たっていうことなので、僕は頭が下がる思いだなと思って見ていました」と述べた。

 >>玉川徹氏「五輪やめたらコロナ対策にお金が使える」発言で称賛 田崎史郎氏と壮絶バトルも論破?<<

 この後、話題はコロナ治療の傍ら、その恐ろしさをテレビで訴えている栃木県宇都宮市の「インターパーク倉持呼吸器内科」院長・倉持仁氏が、「テレビに出るからコロナが広まる」といったビラを貼られるなど誹謗・中傷の被害に遭っているという話へ。

 これについて、玉川氏は「なんで倉持先生がテレビに出るとコロナが広がるんですか。頭悪すぎますよね」と怒りをにじませながら、「番組でも今までも何回も『(コロナを)煽っている』という言われ方をされているが、『この番組のせいで感染者が増えてる』みたいなことに対して、そうだと言っているような首長さんもいらっしゃいますよ、北陸の方に」と、謎の一刺し。

 これには「誰?」「名乗り出よ!」などとネットが騒然。調べると、石川県金沢市の山野之義市長が、第三者が書き込んだ「福井県がコロナに強い理由の一つは、テレビ朝日系列で放送されている情報番組『モーニングショー』が(放送されて)ないことだ」という内容のツイートに対し、「なるほど。説得力がある」とリツイートしたのだが、実際には福井で『モーニングショー』は放送されていたのだ。市長はすでに投稿を削除しているが、いずれにしても、自局のテレビ朝日、そして金沢市長と、全方位で斬り込んだ玉川氏だった。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ