search
とじる
トップ > 社会 > コロナ禍で失業した夫婦、貸しに出した自宅の庭に住み着く 「賃貸契約に庭は含まれていない」と主張

コロナ禍で失業した夫婦、貸しに出した自宅の庭に住み着く 「賃貸契約に庭は含まれていない」と主張

pic pic

画像はイメージです

 新型コロナウイルスの影響で仕事が減る、もしくは仕事を失った人は多いだろうが、海外では、失業した夫婦が予想外の行動に出て人々を驚かせている。

 オーストラリア・ニューサウスウェールズ州で、新型コロナの影響で失業した中年の夫婦が生活に困り自宅を貸しに出したが、その後も家の庭に住み着き問題になっていると海外ニュースサイト『LADbible』と『THE Sun』が1月7日に報じた。

 報道によると、夫婦は新型コロナの影響で、ともに無職になったという。夫婦が何の職業に就いていたのかは明かされていない。生活費を工面できず、夫婦は住んでいた家を賃貸に出すことにした。3人の子どもがいる若い夫婦に週560オーストラリアドル(約4万5000円)で貸し出したそうだ。

 中年夫婦は家を明け渡したが、その数日後、家の裏庭にテントを張り、テントで暮らし始めたという。前もって若い夫婦に「今夜から家の庭を使わせてもらう」とメッセージを送っていたという。若い夫婦は出て行くよう注意したが無視された。その後、中年夫婦はテントの中で過ごし始め11日間が経過したという。

 幾度となく注意を受けたものの、中年夫婦は「賃貸契約には庭は含まれていない。私たちは庭を占領する権利がある」と主張し、出ていくことはなかった。テントの横にバケツを置き、そこでトイレを済ませているという。

 若い夫婦は警察に相談。現在、警察は契約書の内容を精査し、不法侵入に当たるか調べを進めているそうだ。

 このニュースが世界に広がるとネット上では「裏庭にテントを張って住むなんて異常すぎる。精神がおかしいのか常識がないのか…」「コロナで生活が苦しくなった気持ちは分かる。かといって賃貸に出した家の庭に住んでいい理由にはならないが」「契約書の詳しい内容は分からないが、夫婦は意図的に庭を賃貸契約に入れず、初めから住み着く予定だったのかも」などの声が挙がっていた。

 ​>>マスクを正しく着用せず注意を無視した生徒の顔に、消毒液をスプレーした女性教師を逮捕 同情の声も<<​​​

 海外には新型コロナの影響で失業し、意外な方法で金銭を稼いだ人がほかにもいる。

 アメリカ・モンタナ州で、新型コロナの影響で失業した歯科衛生士の22歳の女性が、生活費を稼ぐために自身のヌード写真などを売ったと海外ニュースサイト『New York Times』が1月13日に報じた。同記事によると、新型コロナの影響で勤務先の経営が悪化し、女性は解雇されたという。

 女性は生活費を確保できなくなり、コンテンツを作って販売するプラットフォーム「OnlyFans」を通じ、自身のヌード写真や下着姿の写真を販売した。女性は2カ月半で約500ドル(約5万1800円)ほど稼いだが、女性は自身が予想していた額よりも少ないと明かしている。

 新型コロナの影響で生活苦に陥った人は世界中にいることだろう。それぞれの方法で金銭を集める努力をしているだろうが、人に迷惑をかけて金銭を得ることは許されることではない。

記事内の引用について
「Landlord Pitches Tent And Sets Up Camp In Tenant's Back Garden」(LADbible)より
https://www.ladbible.com/news/news-landlord-pitches-tent-and-sets-up-camp-in-tenants-back-garden-20210107
「PUT UP WITH IT Landlord pitches TENT in tenant’s garden and starts living there after sending text saying she’s ‘the owner’」(THE Sun)より
https://www.thesun.co.uk/news/13675150/landlord-pitches-tent-in-tenants-garden/
「Jobless, Selling Nudes Online and Still Struggling」(New York Times)より
https://www.nytimes.com/2021/01/13/business/onlyfans-pandemic-users.html

関連記事

タグから探す


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ