search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 横浜流星のアドリブで名シーン誕生? 出川哲朗とのCM撮影に爆笑、芦田愛菜はセーラー服姿のバカボンに変身!

横浜流星のアドリブで名シーン誕生? 出川哲朗とのCM撮影に爆笑、芦田愛菜はセーラー服姿のバカボンに変身!

pic pic

⒞ワイモバイル

 27 日より放送開始されるワイモバイルの新CM「親子 deいいのだ!」篇に、俳優の横浜流星、タレントの出川哲朗、女優の芦田愛菜が出演する。

 同CMでは、可愛らしいミニチュアの学校が舞台となり、芦田は「天才バカボン」のバカボン役でバカボンらしい唐草模様の可愛らしいセーラー服姿に、出川はバカボンのパパをイメージした鉢巻と腹巻を身に着けたコミカルな姿に変身、横浜は今回特別に用意した学ランに身を包んだ。前作に引き続き「天才バカボン」をアレンジした楽曲にあわせてダンスを披露している。明るくリズミカルなダンスと、出川演じるバカボンのパパが語る“名言”に胸をうたれる、魅力あふれるCMに仕上がっている。

 撮影現場では、出川はダンスの練習中からノリノリでテンションも高く、「シェ~!」の声の大きさには現場スタッフからも、「おぉ~!」と驚きの声が。そんなノリノリな出川を見た横浜が爆笑、久しぶりの出川との撮影現場を楽しんでいた。CM内ではドラマチックなシーンも。「子供がいるから、親なのだ」と出川が語りかけるシーンでは、セリフのあとに横浜と目を合わせて「うんうん」とうなずくアドリブを披露すると、横浜もそれに応じるようにうなずく場面が。現場のスタッフも印象的なセリフとアドリブに胸を打たれ、台本にはなかった名シーンが誕生したという。

 芦田は持ち前のリズム感と運動神経の良さですぐにダンスをマスターし、笑顔でダンスを披露。スタッフは「かわいい!」「撮影が楽しいな」と終始和やかな撮影となった。途中、ふてニャンが現場入りすると「あら、ふてニャン!」と笑顔で駆け寄り、ふてニャンに声をかけ、指を差し出したりして、久しぶりの再会を喜んでいたという。

 そんなふてニャンは横浜とおそろいの学ランを着るなど、細部までこだわった見ごたえのあるCMになった本作、黄色のジャージを着た「天才バカボン」の人気キャラクター「レレレのおじさん」も登場するといい、細部まで注目だ。

公式ホームページ
https://www.ymobile.jp/sp/ymgakuwari/

「親子 de いいのだ!」篇
https://www.youtube.com/watch?v=CFw2WfRKlRw

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ