search
とじる
トップ > レジャー > 「人気が出る前に見つけたい2歳戦」 アルテミスステークス  藤川京子の今日この頃

「人気が出る前に見つけたい2歳戦」 アルテミスステークス  藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 3歳戦どころか2歳戦です。実績と呼ぶには乏しい馬も多いですが、分かっている事は、札幌2歳Sの1、2着馬であるソダシ、ユーバーレーベンと前走コスモス賞で連勝となったウインアグライア。サフラン賞2着のテンハッピーローズ。この4頭で決まりそうに思えますが、過去の例を見ると、未勝利と新馬戦だけを勝って来た馬達が馬券に絡んで、寧ろ、既に実績がある馬が全部絡まない事もあります。

 そこで、穴馬ですが、エピファネイア産駒のオレンジフィズ。荒削りで、走りも内外に行ったり来たりの新馬戦でしたけれど、端を切って最後まで元気いっぱいの負けん気が強い走りでした。注目の1頭になるかもしれませんが、凄く楽しみな馬です。そこで馬券ですが、実績のある馬に並べるか別枠に入れるか悩みましたが、折角なので別枠に入れて穴馬券を狙ってみます。

 既に実績のある馬と実績は無いけれど楽しみな馬を2つに分けてみます。穴馬は、C.ルメール騎手が3度目の騎乗になるキングカメハメハ産駒のククナ。それとスクリーンヒーロー産駒のクールキャットは、東京の稍重でしたけれど末脚を使って、奇麗に勝ちました。ポテンシャルが高い走りに見えた楽しみな馬達ですので、人気になる前に買っておこうと思っています。

ワイドBOX 14ソダシ、5ユーバーレーベン、13テンハッピーローズ
ワイドBOX 9オレンジフィズ、6ククナ、4クールキャット

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ