search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 相川七瀬、つんく♂の連絡を「本物か疑っていた」 初のタッグでダンスにも初挑戦

相川七瀬、つんく♂の連絡を「本物か疑っていた」 初のタッグでダンスにも初挑戦

pic pic

相川七瀬

 相川七瀬が28日、都内で行われたNursing Now公式ソング完成披露発表会に出席。つんく♂プロデュースによる「元気の歌」収録の模様を語った。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 20年以上のキャリアの両者だが、タッグを組むのは初めて。オファーがきた時の気持ちを、相川は「まさかこのタイミングで、つんくさんのプロデュースで歌を歌えるとは思わなかったので、すごいうれしかった」と振り返った。つんく♂からは直接連絡がきたそうで、最初にツイッターのダイレクトメールが届いたが「本物かどうか疑っていた」。続いてLINEのメッセージが送られてきて、ようやくつんく♂本人だと確認したと話した。

 イベントでは、つんく♂のメッセージも紹介。つんく♂によると「日本が、そして世界が『元気になる』曲を作りたかった」。そこで目をつけたのが、以前から注目していたという同郷の相川。「ものすごい『元気』がある」声と絶賛する相川には、レコーディングでも「七瀬らしく、そのままでいいから元気いっぱいやってくれ」とオーダーしたそうで、元気全開の1曲となった。

 つんく♂ならではのダンサンブルなビートに、キレの良いボーカルがのった「元気の歌」について、相川は「歌詞がすごくポジティブ。元気だから元気を呼ぶというのは本当にその通りで、元気が広がるメッセージがたくさん詰まっている」と解説。MVではダンスも初披露し、「子どもたちの方が早く覚えて、『ママ、反対だよ』と言われた」と笑顔を見せた。

 医療機関でコンサートも行っている相川。医療の最前線で奮闘する看護職に「私たちが元気でいることが支えることになる。早くコロナが明けることを心待ちにしています」とエールを送った。「Nursing Nowキャンペーン」は、ナイチンゲール生誕200年をきっかけとして、看護職の可能性を最大限に発揮し、人々の健康向上に貢献することを目的とする世界的な取り組みで、2021年6月まで実施される。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ