search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ピークは5年前?『テラハ』出身の肩書はもはやマイナスか、元出演者が続々苦境に

ピークは5年前?『テラハ』出身の肩書はもはやマイナスか、元出演者が続々苦境に

pic pic

菅谷哲也

 フジテレビの恋愛リアリティー番組「テラスハウス」の初期メンバーで俳優の菅谷哲也が24日、自身のツイッターを更新し、所属事務所を退社したことを発表した。

 菅谷は2012年10月にスタートした「テラスハウス」に初回からレギュラー出演し、「てっちゃん」の愛称で人気に。もともと消防士を目指していたが、俳優を目指すようになり、14年9月に同番組を卒業後は俳優に転身。17年にはTBS系ドラマ「陸王」にも出演していた。

 >>まだまだ終わらない“『テラハ』問題”の徹底追及 多額の損害買収請求もあるか<<

 ツイッターで菅谷は約3年所属していた事務所を退社することを報告し、「俳優としても一人の男としても、より一層成長していきたいという強い思いから退社を決意致しました」と退社を決意した理由を説明。

 今後はフリーで活動することも明かし、事務所に対して「本当に本当に心から、ありがとうございました」と感謝。「受けた御恩と感謝を胸に、これからも力強く歩んでいきます」とした。
 「『テラハ』の人気の絶頂期は、映画版の『テラスハウスクロージング・ドア』が公開された15年2月ごろ。その後、Netflixでの配信を中心に移行したこともあり、メンバーたちの人気・知名度はそこまで高くなく、番組を卒業してもタレント活動するのはなかなか難しくなった。菅谷が卒業したのは絶妙のタイミングだった」(芸能記者)

 映画版の公開前に卒業したメンバーの中では、今井華がモデル・タレント、筧美和子が女優、chayが歌手、映画版公開後のメンバーではNikiがモデルとして活動しているが、今でも安定して活動しているのは筧ぐらい。

 Nikiは山下智久との熱愛や、緊急事態宣下の沖縄旅行発覚などで大バッシングを浴びてしまった。
 「『テラハ』は、今年5月に出演していたプロレスラーの木村花さんが亡くなった問題でイメージダウン。もはや元『テラハ』の肩書はマイナスになりそうだ」(同)

 フリーになった菅谷の今後はなかなか厳しそうだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ