search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 宇賀なつみ フリー転身大成功の理由は“オヤジ殺し”の酒席交渉!?

宇賀なつみ フリー転身大成功の理由は“オヤジ殺し”の酒席交渉!?

pic pic

提供:週刊実話

「“酒は百薬の長”ということわざがあるけど、彼女にとって酒は、仕事の領域を広げるために欠かせない必須アイテムと言えます」(テレビ局関係者)

 昨年、テレビ朝日の局アナを辞しフリーに転じた宇賀なつみ。

「当初、方々から“大丈夫か?”との声が上がっていました。通常、フリーアナとして活躍するには、メディアに“顔が利く”大手の事務所に所属するものなのですが、彼女は完全な“個人事務所”を立ち上げ、スケジュール調整やギャラ交渉など、全部、自分で管理しようとしたからです。大抵、うまくいかないんですけどね」(女子アナウオッチャー)

 しかし現在、テレビとラジオで6本のレギュラー番組を持つ“売れっ子”に。

「大成功の秘訣は酒です。人柄のよさもありますが、何と言っても酒。冠番組『川柳居酒屋なつみ』(テレビ朝日系)も、“飲み仲間”だった同僚プロデューサーからの声掛けがきっかけでした。“オヤジ殺し”でもあるのです」(テレビ朝日関係者)

 テレビ朝日時代は、性別に関係なく“一番の酒豪”といわれた。

「『報道ステーション』に出演していたころは深夜、昨年3月までアシスタントをしていた『羽鳥慎一モーニングショー』では、昼酒をしに渋谷へ出没。ビールに焼酎、日本酒、ワイン、ウイスキーと何でも飲み、チャンポンもOKの底なしでした」(女子アナライター)

 もっとも、こんなシーンも。

「『モーニングショー』に、腕に包帯を巻いて出てきたことがありました。本人は“何でもない”を強調していましたが、どうやら“少しハメをはずした”ようでした」(同・ライター)

 オフの日には6時間ぶっ通しで飲むこともあるという自宅には、常時、酒類を20本以上キープ。鹿児島まで“酒蔵巡り”に行ったこともあるという。

「学生のころ、よく居酒屋で“ひとり飲み”をしていたそうです。すると、彼女いわく“そんな私を見て、寂しいかなって思って(オジサンが)話し掛けてくる。それで2軒目に連れて行ってもらったり”ということですが、これが彼女の原点。キレイで親しみやすくて酒も強い。このタイプに、業界のおやじたちは特に弱い。今後も仕事は増え続けていくハズです」(前出のテレビ局関係者)

 ただし、飲み過ぎには、くれぐれもご注意を!

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ