search
とじる
トップ > 社会 > 釣れた魚と旨い酒!日本全国釣り行脚 宮城県石巻市・石巻工業港産マアナゴ

釣れた魚と旨い酒!日本全国釣り行脚 宮城県石巻市・石巻工業港産マアナゴ

pic pic

提供:週刊実話

 今季は記録的な暖冬…そうは言ってもやっぱり寒い…。

 温かいコタツで温々とエロ動画なぞを1日中眺め倒す、なんていうのもオツな休日のすごし方ではありますが、釣り人としては狙い通りに仕留めた魚をアテにして、旨い酒で身体の中から温めたいものです。

 さて、今回は年末年始の頃に産卵を終え、体力回復のためにエサを漁り始めるカレイを狙います。

 知人の子供を誘って向かったのは、宮城県石巻にある石巻工業港。その最奥部に流れ込む定川の河口部から竿を出します。

 過去のカレイ実績や事前の好情報があったわけではなく、さらに言えば、川自体も周囲の景観も特段美しくはありません。でも、ココを選んだのには、個人的な狙いがあるんです。

 カレイといえば、やはり東北から北海道にかけての地域で魚影が濃く、特に陸からの釣りでは小名浜や八戸、苫小牧、石狩といった大規模な工業港周辺が型物の実績場となっています。そんな中で、石巻工業港だけについては情報が少なく、そのことが以前から気になっていたのです。

 目星を付けた港の最奥にあたる船溜まりに到着すると、数名の釣り人の姿はあったものの、全体的には閑散…。港の最奥部に河川が流れ込む構造は大規模工業港によく見られ、潮通しのよい港口よりも、むしろ奥まった流れ込み周りのほうが有望なケースが多々あります。まして、この定川のようにあまり綺麗でない川であれば、流れ込む水も諸々の栄養が豊富であろうことが予想されますから、期待は十分です。

★大人げなく“伝助”を確保!

 とりあえず、エサを付けた仕掛けを投じると、いかにもカレイが好みそうな軟らかい砂泥が広がっている感触が、オモリや竿を通じて伝わります。

「釣れるのも時間の問題か!?」

 予想どおりの好環境に早くも釣果を確信しますが、明らかに低実績の穴場ですから、慌てず、騒がず、じっくり構えます。

 で、じっくり構えた結果、日没を迎えました…。

 カレイ釣りでは丸1日粘っても釣れないことはザラではありますが、ここはカレイ釣りの本場・東北。

「いないハズはない! これから迎える満潮でバタバタッと掛かるんや!」

 そう自分に言い聞かせながらジ〜ッと竿先を見つめていると、背後から声が上がりました。

「何か釣れたぁ!」

 振り向くと、連れてきた子供が竿を曲げて格闘しています。竿の曲がり方からして、相手はまずまず大きそう。
「大事に行けよ!」

 そう声を掛けつつ傍らで見守っていると、巻き上げの勢い余って堤防上にズポ〜ンと抜き上げてしまいました。あれっ、長い?

 堤防上でのたうち回っていたのは、ワタクシの手首ほどはあろうかという極太マアナゴ!

 う〜ん、明石でフラれた“伝助”に石巻で会えるとは…。しかも300グラムどころか1キロはありそうな大伝助です。あとはコイツをどうやって手に入れるかが問題です…。

「あの〜、アレだよ。アナゴはデカけりゃいいってもんじゃないんだよ。こんな大きいと骨がキツくて食えたもんじゃないよ」などと、フラリと釣り場に出没しては初心者とおぼしき家族連れに説明をするヨタ爺さんのようなコトを言いつつ、
「でもせっかく釣ったんだし、こっちで引き取るから」

 そうして口八丁手八丁でかすめ取った大伝助は、血抜きを施して半ば強引にワタクシのクーラーボックスへ直行。これで今晩はウマイ肴にありつけるわい、ケケケッ♪(←大人げない)

★ひと手間かけて最高の煮物に

 マアナゴは150〜200グラム前後が食べ頃サイズという認識が定着しており、骨が当たるという理由から大型は好まれません。

 ただ、大型を“伝助”と呼んで珍重する明石エリアにおいては、きっちり骨切りを施して美味しく食べられております。もっとも、その昔は利用価値のない物として扱われ、「大きくて役に立たない」ことからその名が付いたようですが…。

 そんな“伝助”は、帰宅後に骨切りを施し、定番の煮穴子にしました。火を入れていくと、煮汁に脂が広がり実に旨そう。さすがは冬に向かって脂を蓄えた大型ですな。

 1時間ほどかけてしっかり煮付けてから、パクリとひと口。ぶ厚い身は思いのほか柔らかく、懸念された小骨の感触はまったく気になりません。

 味のほうも特有の旨味が非常に濃く、そこに脂の味わいが加わって、よりいっそうの甘味が感じられます。これはタマラン

 この濃ゆいアナゴの風味と『墨廼江』のキリッとした飲み口がまた合うこと…。

 十二分に美味しい上に、食べ応えも規格外の伝助穴子を心ゆくまで堪能し、満腹で晩酌を終えたのでありました。

***************************************
三橋雅彦(みつはしまさひこ)子供の頃から釣り好きで“釣り一筋”の青春時代をすごす。当然の如く魚関係の仕事に就き、海釣り専門誌の常連筆者も務めたほどの釣りisマイライフな人。好色。

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ