search
とじる
トップ > レジャー > 「時計より、レースを見ると印象が逆転する馬がいる」クイーンカップ  藤川京子の今日この頃

「時計より、レースを見ると印象が逆転する馬がいる」クイーンカップ  藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 まだ、1回しか走ってない新馬戦と未勝利戦の1勝馬も馬券に絡む事が多いレースでもあります。侮れないと言えます。今回は、アカノニジュウイチとルナシオンがそれに当てはまりますが、アカノニジュウイチは、上がりタイムだけを見ればタイムが早くなる東京とは言え、1400m戦でしたが、末脚だけ見ればメンバー最速の32.9秒の持ち時計があります。走破タイムは速くありませんが、新馬戦としては十分な時計です。もう一方のルナシオンは、新馬戦は稍重馬場だったので、時計は参考に出来ませんが、それでもちょっと苦しい時計に思えます。しかし、レースを見ると、最後のスパートでの脚は見応えのあるものでした。

 マジックキャッスルは、前走ファンタジーS2着。後に阪神JFをレコードでブッチ切ったレシステンシアに、外から追い込み0秒2差と詰め寄った内容は評価大。自在性がありセンスも良く、競馬が上手なのは強み。前々走のサフラン賞はタイム差なしの2着とマイルも経験済みで、母ソーマジックは桜花賞3着馬。反応の良さで東京の直線を猛追します。

 ホウオウピースフルは、有馬記念優勝馬のブラストワンピースの半妹で、目下2連勝中。前走の百日草特別は、5頭立てと少頭数でしたが、上がり33秒6で鋭く差し切り勝ち。今回はマイルに変わりますが、前走の走りっぷりから気性面でも合いそう。新馬戦は札幌で勝っており、雨が降っても重い馬場に対応は出来そうです。
 
 また、ルナシオンは、ディープインパクト産駒で、ジャパンカップ優勝馬のスワーヴリチャードの半妹。新馬戦は、直線で前との差はありましたが、素早く瞬時に脚を使い、瞬く間に抜き去って快勝。エンジンが掛かってからの鬼脚は一流で、底力を見せました。稍重で勝っているし、跳びの大きい同馬。再び東京の舞台で一泡吹かせそうです。

ワイドBOX 10アカノニジュウイチ、3ルナシオン、9マジックキャッスル、12ホウオウピースフル

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ