search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 黒島結菜(22)性感鋭敏で「名器度」高し!?

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 黒島結菜(22)性感鋭敏で「名器度」高し!?

 今回は、公開中の映画『カツベン!』(監督・周防正行)で、準主役を務める女優の黒島結菜。

 目の輝きが明るく、清潔感があって、凛とした眼光に艶や淫を感じさせない。性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)の張りが年齢の割に弱く、色艶もよいとは言えず、心身ともエロスはまだ開花していない。

 薄い唇は、感情より理知が勝り、性愛に対しても冷静で消極的。存在感のある長い鼻で、自我をしっかり持っており、深慮で保守的な心性が観て取れる。耳が大きく、位置が低いのも、防衛的で冒険を好まず、結婚指向は強いほうだ。【官能度】は低めで、「3」寄りの「2」と観る。

 鼻筋の通った高い鼻に加えて、山根(鼻の根元)も高く、誇り高き頑固者。目頭に切れ込みがなく、薄い唇からも、情に訴えて男に媚びるタイプではない。結果、男の庇護欲や下心を起こさせないぶん、【モテ度】は下がる。

 彼女は人中(鼻下の縦溝)が浅く、これは異性の誘惑に乗りやすい尻軽相の1つで、モテ相ととらえることも可能だが、太くて濃い一文字眉と強い鼻相が抑止力として働き、男縁を増やすところまではいかない。総合的に判じて、【モテ度】も「2」と低くなった。

 小さな口で口相に勢いがなく、エラが張らず、金甲(小鼻)も張らず、大きな門歯が辛うじて強い生命力を感じさせるも、回数をこなすセックスではなく、【スタミナ度】も「2」。

 後天的な膣の締まりが現れる、口元の肉付きが豊かとは言えないものの、狭い眉間と目間はともに名器相で、耳穴の下の溝が広めながら良形なのも名器要素だ。また、人中の下端がM字形にツンと尖っているのはクリトリスが発達していて性感鋭敏の相。【名器度】は「4」と高い。

 ちなみに、名器性とは無関係だが、彼女のように額の狭い女相は上ツキが多く、後背位系よりも正常位などの対面系の体位がよりフィットする。

 頬骨が出ず、耳廓も出ず、総じて温順な顔相で、高い鼻と一文字眉が足を引っ張るも、【良妻度】は「4」寄りの「3」と高め。惜しむらくは、アゴに丸みがなく頬の肉付きも薄くて、あまり家庭的ではないことだ。

 すっきりした口元があげまん相で、おとなしめの臥蚕と、下瞼が目尻で上がっているところもあげまん要素。張りの弱い金甲と直線的な眉がマイナスながら、【あげまん度】は「3」と、20代女性では高いほうだ。

 彼女は中停(顔を上下に三等分したときの中段)が充実しているので、これから中年期にかけて盛りを迎える。アゴが華奢で口相に勢いがないため晩年運が弱く、早めの結婚が望ましい。相手は口が大きくアゴのがっしりとした、相補的な顔相を持つ男性がベストだ。

***********************************
【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ