search
とじる
トップ > 社会 > 兵庫県警の21歳巡査が同僚警官の部屋に侵入し貯金箱を盗む

兵庫県警の21歳巡査が同僚警官の部屋に侵入し貯金箱を盗む

 兵庫県警捜査3課などは3月22日、同じ独身寮に住む同僚の部屋に侵入し、貯金箱などを盗んだとして、住居侵入と窃盗の疑いで、県警有馬署地域課の巡査の男(21=同県神戸市中央区)を逮捕した。逮捕容疑は、2月28日午前7時15分から3月1日午前11時半までの間、県警葺合寮の同僚(21)の部屋に侵入し、約7万5000円入りの貯金箱と携帯ゲーム機を盗んだ疑い。容疑を認めているという。

 同課によると、巡査は葺合寮の別の部屋に住んでおり、被害に遭った同僚とは、同じ署で勤務する間柄で、以前に同僚の部屋に行ったことがあった。

 事件当日、巡査は非番、同僚は勤務で不在だった。同僚の部屋の施錠はされていたが、もともとドアの一部が壊れていた。そのため、巡査は壊れた部分から手を差し入れ、錠を外して侵入し、貯金箱などを盗んだ。

 巡査は11年4月に採用。12年1月から有馬署に配属されていた。勤務態度は特に問題はなかったという。県警の有田幸司監察官室長は「警察官としてあるまじき行為。捜査を徹底し、厳正に処分する」とコメント。

 貯金箱といっても、約7万5000円も入っていたのだからバカにはできない。同僚にとっては、警察官の寮に住んでいて、よもや盗みに入られるとは思いもよらなかったことだろう。

 それにしても、同僚とはいえ、人様の部屋に侵入して、盗みをはたらくなど言語道断。この巡査には、警察官としての倫理観がなかったようだ。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ