search
とじる
トップ > 社会 > 愛知県の58歳男性会社員がアダルトサイト登録料名目で4800万円をだまし取られる

愛知県の58歳男性会社員がアダルトサイト登録料名目で4800万円をだまし取られる

 愛知県警西尾署と捜査2課は7月19日、アダルトサイト登録手数料などの名目で1200万円をだまし取ろうとしたとして、詐欺未遂容疑で、アルバイトの男(25=神奈川県横浜市都筑区)を逮捕し、名古屋地検岡崎支部に送致したと発表した。逮捕は17日付。

 逮捕容疑は、複数の人物と共謀して、7月7日から15日まで複数回、愛知県西尾市の男性会社員(58)の携帯電話に電話をかけ、架空の会社を名乗って、「アダルトサイトの登録料金がまだ支払われていない」などと偽って、1200万円を東京都港区内のマンションの一室に郵送するよう要求し、現金をだまし取ろうとした疑い。

 被害者の男性会社員は6月以降、同様の手口で現金を要求され、計約4800万円をだまし取られていた。それでも、1200万円を支払うために、銀行に融資の相談に行った。銀行では短期間に大金を引き出していることを不審に思い、警察に通報した。

 県警は男性会社員と連絡を取り、現金が入っていない荷物を送らせたところ、男がマンションの一室前に受け取りに現れて任意同行した。

 同署によると、男は「クラブで知り合った男に、3万円で取りに行くよう頼まれた。何度か運んだが、荷物の中身は知らない」と供述している。同署では、余罪があるとみて、詐欺容疑事件としても捜査する方針だ。

 それにしても、架空のアダルトサイト登録料名目で、すでに約4800万円を支払った上、さらに要求された1200万円も払うつもりだった男性会社員。身に覚えはないはずだが、なぜに、こんな多額の金を要求通り払ってしまったのか?
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ