『パーフェクトワールド』、視聴者からの絶大な支持集めるワケ“ただの恋愛ドラマじゃない”

芸能ニュース 2019年04月24日 18時00分

『パーフェクトワールド』、視聴者からの絶大な支持集めるワケ“ただの恋愛ドラマじゃない”松坂桃李

 火曜ドラマ『パーフェクトワールド』(フジテレビ系)の第2話が23日に放送され、平均視聴率が5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが分かった。第1話の6.9%からは1.1ポイントのダウンとなってしまった。

 有賀リエの同名漫画が原作の本作。高校時代はバスケット部のエースだったものの、事故で下半身不随になり車いす生活を送っている建築士・鮎川樹を松坂桃李が、高校時代は樹に片思いしており、大人になってから偶然樹と再会したヒロイン・川奈つぐみを山本美月が演じている。第2話では、樹が大事なコンペを勝ち取ったり、同僚の晴人(松村北斗)から誘われて車いすバスケを始めるなど、公私ともに順調と思われたものの、ふたりの関係性に少しずつ変化が見えてくる――という展開が描かれた。

 第2話放送後、視聴者からは、「普通のラブストーリーかなと思ってみたら、おもしろくて引き込まれた」「車椅子の人の大変さなんて考えたことなかったけどこのドラマで知れてよかった」「ただのお涙頂戴の恋愛ドラマじゃなくて車椅子の不便さとか病気とかリアルに描かれてていいね」といった声が聞かれた。

 「少女漫画が原作ではあるものの、車いすユーザーの苦悩が具体的に描かれている個所に視聴者からの称賛が集まっているようです。第1話では、下半身不随の樹には排泄障害があり、実際に漏らしてしまうシーンが描かれ、さらに終盤では樹が同じ体勢で居続けたことで褥瘡ができてしまい、尿路感染症も引き起こしてしまったという悲痛な症状も描いたシーンもありました」(芸能ライター)

 第2話では、車いす用仕様を運転する樹が駐車場の優先スペースに駐車しようとしたところ、コーンが立っていてスムーズに駐車できず。また、歩きスマホの健常者にぶつかられたり、視覚障がい者のための点字ブロックは車いすの妨げになるという苦悩を樹が吐露する一幕もあった。

 「さらに、樹の母(麻生祐未)がつぐみとお茶をしている際、『今回樹がやった尿路感染症ってね、何度も繰り返すと腎不全の原因になるの。他にも褥瘡が悪化して敗血症になったり、車いすだと歩けないから大変そうに見えるけど、歩けないからって死ぬわけじゃない。でも、合併症で命を落とすことはある』とつぐみに説明するシーンもありました。こうした具体的な苦悩や病気を描くことで、ただのラブストーリーとは一線を画し、視聴者からの大きな支持を得ているようです」(同)

 決して高視聴率作品とは言えない本作だが、今後の展開も楽しみにしたい。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る