search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 内田裕也さんが樹木希林さんを追うようにして亡くなったのは…生前の強烈エピソード

内田裕也さんが樹木希林さんを追うようにして亡くなったのは…生前の強烈エピソード

pic pic

内田裕也さん、樹木希林さん

 11日、笑福亭鶴瓶が司会を務める『チマタの噺』(テレビ東京系)に浅田美代子が出演。公私ともに仲の良かった樹木希林さんのエピソードを語った。

 浅田は、病院でもよく希林さんの世話をしていたとのこと。ある日、入院先で処置をすることになり、先生が浅田らに退出するよう指示を出すと、その時すでに筆談でコミュニケーションを取っていたため、希林さんは紙に「この子も役者のはしくれなんだから、全部見せて」と書いて医者に渡してきたという。結局、浅田は病室にとどまることになったのだが、「見たくはなかった」と本音をこぼし、鶴瓶を笑わせた。続けて、希林さんの最期の日を回顧。退院することになり、希林さんが快適に暮らせるように事前に準備をしたという。無事、希林さんが家に戻り、その日は夜の10時頃まで一緒にいた。しかし、「明日また来るね」と浅田が帰った後、亡くなってしまったという。

 一方、鶴瓶は兵庫県西宮市にある自宅に突然、希林さんが訪問した日のことを語る。当時は、奥さんが対応したそうなのだが、後にその話を聞き、面識がなかった鶴瓶は大変驚いたとのこと。共演した際に、その件について触れると、「土地の安そうな家に住んでいるわね」と言われたと述べた。

 また、希林さんを追うように内田裕也さんが亡くなったが、浅田は「“早くいらっしゃい”と呼んだとしか思えない」と一言。生前も「私は1日でも多く裕也よりも生きるの」と言っており、なぜかと問うと「あんな人置いていったら、みんなに迷惑がかかるでしょ」と話していたことを振り返った。

 「鶴瓶や浅田がたびたび共演している明石家さんまについても、トークをしていましたね。鶴瓶がさんまによく怒られるという話をすると、浅田が“よく出しちゃうから”と、生放送でしでかした、“チン事件”について触れていましたね。当時は、鶴瓶が中継先にいて、さんまから“兄さんあきまへんって!”と怒られたと振り返っていました」(エンタメライター)

 希林さんが企画し、遺作ともなった映画『エリカ38』には浅田も出演中。ヒットすることを願いたい。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ