search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 村上春樹、ラジオDJ初出演 メディア露出がほとんどない事情とは

村上春樹、ラジオDJ初出演 メディア露出がほとんどない事情とは

 『騎士団長殺し』『1Q84』(ともに新潮社)、『ノルウェイの森』(講談社)など多くのベストセラー作品で知られる作家の村上春樹が、ラジオ番組のDJ(ディスクジョッキー)を初めて務めることがわかった。8月5日に東京FM系で放送される特別番組『村上RADIO〜RUN&SONGS〜』へ出演する。番組では選曲のほか、リスナーから音楽に関する質問も受け付ける。

 「村上は、1979年に『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞し、30歳でデビューします。それまでは国分寺で(のちに千駄ヶ谷に移転)ジャズ喫茶『ピーター・キャット』を開業した変わり種の経歴の持ち主です。レコードファン、コレクターとして知られていますから、今回のラジオ番組でも選曲が期待されるところですね」(芸能ライター)

 村上は映像や音声のインタビューをほとんど受けないため、声が聞ける貴重な機会となりそうだ。何より村上自身が、露出がほとんどないミステリアスな存在といえる。これはなぜだろうか。

 「ジャズ喫茶時代に、客の相手で一生分の話をしたので、今後は本当に話したいことしか話したくないと述べています。ただ、これは春樹節というべきもので、こうした言い回しは作品の随所にも見られます。実際に、人気の高い海外では講演やサイン会も行っています。さらに、インターネット上では定期的にホームページを立ち上げて読者との交流を行っています。村上は新作情報も突然解禁することが多い。今回のラジオ番組でも、新作について何か言及するかもしれません」(前出・同)

 村上の「声の出演」はファンばかりでなく、大きな注目を浴びそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ