噂の深層 “全世界的オーディション番組”が日本で出来ないワケ

トレンド 2011年12月10日 17時59分

噂の深層 “全世界的オーディション番組”が日本で出来ないワケ

 世界横断的な歌手オーディションのような番組は、なぜ日本で出来ないのだろう。

 海の向こうでは、2007年に始まり、あの世界的テナー(?)であるポール・ボッツなどを輩出した《ブリテンズ・ゴッド・タレント》や、2009年に始まり、人気KポップグループのINFINITEやmissAのメンバーなどを生んだ《SUPER STAR K》のような巨大オーディション番組が、実は今やほかにも無数にある。

 「《SUPER STAR K》は即席でコンテスタントにユニットを組ませて人間性を見るなど、番組自体も面白い。今では、韓国人の30数人に1人の割合で、同オーディション参加者がいるそうです」(芸能ライター)というから驚き。

 いっぽう、「《ブリテンズ・ゴッド・タレント》でも、ほとんど、日本人の名前を聞きませんね。同番組では、かつて、ハヤシと名乗る日本人風の男が危険極まりない日本刀のパフォーマンスを見せて、辛口審査員のサイモンや観客の英国女子たちを驚嘆させました。が、実はカナダ出身でドイツ国籍のマジシャンだった。“ハヤシ”は、今や同じパフォーマンスで世界中のオーディション番組を荒らしているたんなる芸能人だったのです」ということで、日本人の素人コンテスタントの名前も、ほとんど聞かないのである。

 すると、冒頭の問いの答えは、意外なところに潜んでいた。

 「かつて、エイベックス・グループの創立20周年記念事業<avex WORLD AUDITION 2008>こそあったのですが、いかんせん、日本語が出来る外国人が少ないのです。逆に、海外オーディションに日本人コンテスタントが少ないのも、言葉の壁に阻まれているから。つまり、(前出の)“ハヤシ”のように、『危険なのに勝ち抜いてしまったら、お前はどうすんだい?』というサイモンの質問に対し…、『今度は、自分の命を晒すさ』と啖呵を切って“YES”を勝ち取るような名場面は生まれない、ってことです」(芸能事務所関係者)

 そのハヤシも、日本語だけはしゃべれない、というオチもついているようである。
 
 言葉の壁があっては、番組はスリリングに盛り上がるまい。

 制作費が100億円を超えるとも云われる、《SUPER STAR K》のような世界的オーディション番組を日本の民放やNHKが作る予定は、今のところなさそうだ。

 逆に言えば、東方神起をはじめとした、日本語のスキルがバリバリのKポップアイドルたちは、特に根性がすごいという再評価にもつながりそうである。

ピックアップ
トレンド新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る