search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 極楽とんぼ・山本圭壱 加藤との共演に感動し涙堪える「俺が泣いたらいけない」

極楽とんぼ・山本圭壱 加藤との共演に感動し涙堪える「俺が泣いたらいけない」

pic pic

山本と加藤の揃い踏みはファンや関係者にとって感動な場面となった。

 14日に放送されたラジオ番組の宮崎サンシャインFM「極楽とんぼ 山本圭壱のいよいよですよ。」で極楽とんぼの山本圭壱が、相方・加藤浩次との共演で必死に涙を堪えていたことを明かした。

 山本は5日に開催された加藤のライブに飛び入り参加し、極楽とんぼが電撃復活。共演は実に9年ぶりとなった。山本は06年に未成年淫行騒動で芸能界を引退。今年1月に復帰ライブを行い、約8年半ぶりに活動を再開していた。

 元々、加藤にライブを観に行くことを告げていた山本。加藤は「来てもいいけど…」と許可したが、「じっとしとけ」と忠告されていたという。

 そして、結果的に山本がステージに上がると、ライブに出演していたおぎやはぎの矢作兼と平成ノブシコブシの吉村祟が号泣。そんな状況の中でさらに、「加藤も溜まってるんでよ。涙袋に。ワァ〜っと。それで、ヤバイと思って」と山本ももらい泣きしてしまいそうだったが、加藤とは逆方向にいるゲストの六角精児やロバートの秋山竜次を見て、なんとか泣かないように堪えていたという。

 「自分を保ちながら『俺が泣いたらいけない、俺が泣いたらいけない』で我慢しましたよ。でも、潤んでたのは確かかなと。もらい泣きのもらい泣きですよね。でも泣きませんでしたけどね」と明かした。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ