search
とじる
トップ > 芸能ニュース > キムタクもたじろがせた斎藤工の“天然発言”

キムタクもたじろがせた斎藤工の“天然発言”

 1月18日にスタートした、元SMAPで俳優の木村拓哉主演のドラマ「BG〜身辺警護人〜」(テレビ朝日系)の舞台裏を、発売中の「女性セブン」(小学館)が報じている。

 今月18日に放送された同ドラマの初回は、今クールの民放連ドラ1位となる平均視聴率15・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。

 各スポーツ紙によると、2月1日放送の第3話では、高さ50メートル超の橋の上で決死のアクションに挑戦したという。

 同ドラマで、木村は民間警備会社のボディーガードをつとめる主人公を演じている。その同僚の元自衛官役を斎藤工、メンバー唯一の女性ボディーガード役を菜々緒、メンバー最年少のボディーガード役を間宮祥太朗がそれぞれ演じているが、同誌によると斎藤は“天然発言”を連発。菜々緒と間宮のやりとりを聞いて、斎藤は「本当に仲いいよね〜」とツッコミ。2人は以前、交際・破局を報じられたことがあり、斎藤は知らずに、さらに、ツッコミを入れようとしたというが、木村は「そういうことを言うと、くっつくものもくっつかなくなるだろ」とナイスフォロー。

 また、斎藤は菜々緒の美脚を見て「お金をかけていると、きれいさも違うよね」の趣旨のツッコミ。一瞬、菜々緒は顔をこわばらせたというが、木村は「それがプロだよな」ととりなしていたというのだ。

 「斎藤はかなりの個性派だけに、扱いはかなり難しいようだ。とはいえ、木村の今回のドラマにかける意気込みは並々ならぬものがあり、共演者の人間関係の調整も自分の役割と自覚しているのでは。そこが以前までの木村と大きく違うところ。スタッフは、そんな木村を見て『なんとか盛り立てなくては』と思っているようだ」(テレビ局関係者)

 木村の“努力”が視聴率に結び付けばいいのだが…。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ