search
とじる
トップ > アイドル > ジャニーズ事務所がファンにマナー改善を訴え 先月、新幹線発車遅延の事態も発生

ジャニーズ事務所がファンにマナー改善を訴え 先月、新幹線発車遅延の事態も発生

pic pic

画像はイメージです

 ジャニーズ事務所が今月17日、公式サイトでファンに対して公共交通機関利用時のマナー改善を訴えた。

 同サイトでは、タレントが新幹線利用時に「駅でタレントを待ち受ける」、「新幹線に近づき発車を妨げる」、飛行機利用時に「空港でタレントを待ち受ける」、「タレントが登場する飛行機の航空券を購入し、タレントが搭乗するまで搭乗しない」などの行為を行う一部のファンがいることを指摘。

 迷惑行為がタレントのイメージを損なうことになりかねないことから、交通機関利用時のマナーやルールの順守を求めた。

 「昨年のこの時期にも同じような“警告”を公式サイトに掲載していたが、現在に至るまで大幅な改善が見られなかったようだ。タレントが新幹線や飛行機を利用する時間はスケジュールから推測すれば分かりそうなものだが、駅や空港がファンを規制してくれるわけではないので、あくまでもファンの良心に任せるしかない状態になってしまった」(音楽業界関係者)

 今回、ファンに対して改めて注意喚起を行ったのには、立て続けに発生したファンの“暴走”があったようだ。

 「先月はKing & Princeのファンが仙台公演の際、そして今月はHey!Say!JUMPのファンが新潟公演の際、いずれもメンバーが乗車した新幹線に殺到し、発車を遅延させてしまう事件が発生。ネット上で両グループのファンがバッシングを浴びていた。おそらく、JRからジャニーズに対してかなり強硬な抗議があったのでは。ファンのマナーが改善されなければ、最悪の場合、所属タレントの新幹線の利用をお断りされる事態になりかねない」(週刊誌記者)

 ジャニーズの幹部にとって、ファンのマナーは大き過ぎる“悩みの種”になっていたようだ。

関連記事


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ